2014.03.14

ホームで敗れ、EL敗退の危機…トッテナム指揮官「失望している」

シャーウッド
トッテナムを率いるシャーウッド監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムを率いるティム・シャーウッド監督が、13日に行われたベンフィカとのヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグについて言及した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ホームでの一戦に臨んだトッテナムは、ベンフィカに3ゴールを奪われる展開となり、1-3で敗戦。ベスト8進出に向けて厳しい状況となってしまった。試合を振り返ったシャーウッド監督は「ベンフィカは我々よりも良かった。何度も我々を脅かす攻撃を披露していたと思う」と述べ、敗戦に肩を落とした。

 また、同監督は「前半のベンフィカは良くなかったが、シュートをゴールに結びつけた。そして、その後はセットプレーから2点を奪った。失望している」とコメント。セカンドレグに向けては「全力を尽くす」と語っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る