2014.02.21

先制弾のユーヴェFWオスヴァルドがテベスを称賛「驚異的な選手」

オスヴァルド
先制点を決めたユヴェントスのオスヴァルド [写真]=Getty Images

 20日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ユヴェントスとトルコのトラブゾンスポルが対戦。ホームのユヴェントスが2-0で勝利を収めた。

 試合後、ユヴェントスのイタリア代表FWパブロ・ダニエル・オスヴァルドが勝利を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。オスヴァルドは先制点を挙げた。

 オスヴァルドは、「もちろん常に(ゴールを)願っているけど、決められるという確信はない。良いプレーをして得点を挙げたいと思っていて、幸運にもそれが叶った。スコアにも満足しているよ。『運がないな』という場面も何度かあった」と、ゴールと試合を振り返った。

 アルゼンチン代表FWカルロス・テベスとのプレーについては、「カルリートス(テベスの愛称)は、ヨーロッパの舞台ではどうしてもボールをネットに入れられないようだ。でも僕たちは、追加点を奪うにふさわしい戦いをしていた。最後に、その2点目を取れたね。カルリートスは驚異的な選手だ。彼と一緒にプレーしていて、やりにくいと感じることなんて、あるわけがないよ」と、話した。

 そして、「チームはこのヨーロッパの舞台で、できるだけ長く戦っていたいと思っている。まずは好スタートを切ったから、これを続けていく必要がある。(トルコでは)もちろん簡単にはいかないだろう。彼らは特に守備がとても組織的だし、クオリティの高い選手もいる。だから、勝ち切るのは容易ではないだろうね。でも2ゴールを奪ったことで、セカンドレグは間違いなく落ち着いてプレーできるはずだ」と、セカンドレグを見据えた。

 セカンドレグはトラブゾンスポルのホームで、27日に開催される。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る