2018.04.19

コンフェデ杯が中止に…クラブW杯も毎年開催から4年に1度へ変更

レアル・マドリード
昨年クラブW杯初の連覇を果たしたレアル・マドリード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は、FIFAコンフェデレーションズカップを廃止し、FIFAクラブワールドカップに置き換えることを発表した。19日、『THE DAILY STAR』が伝えている。

 これまで、W杯の前年などにナショナルチームが参加して行われていたコンフェデレーションズカップ。第1回大会は1992年にサウジアラビアで開催され、昨年はロシアで第10回大会が行われていた。しかし、同大会を最後に廃止となるようだ。

 また、現在はレアル・マドリードが史上初の連覇中であるFIFAクラブワールドカップは、2005年から毎年開催されていたが4年に1度となり、開催時期も12月から6月に変更。これにより、Jリーグの選手たちはシーズン中に、ヨーロッパでプレーする選手たちにとってはシーズンオフ中に行われることとなった。

 なお、今年のFIFAクラブワールドカップは開催されるが、来年から毎年開催は中止となる。以降は、ワールドカップの1年前に18日間の日程で行われる予定となっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング