FOLLOW US

パチューカが延長後半の劇的弾でクラブW杯の初戦を制す!本田は120分フル出場

パチューカは準々決勝でウィダード・カサブランカと対戦した [写真]=Kaz Photography/Getty Images

 FIFAクラブワールドカップUAE 2017準々決勝が9日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)はアフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)と対戦した。

 本田にとって自身初となるクラブワールドカップでの試合は、パチューカへの加入以降主戦場としてきた右サイドではなく、慣れ親しんだトップ下での出場となった。

 本田は19分、ハーフウェーライン付近からワンタッチで右サイドを走る味方に浮き球のパスを通してチャンスを演出したものの、得点には結びつかず。試合は拮抗した展開のまま進み、両チームとも無得点のままハーフタイムを迎える。

 そして迎えた後半、右サイドにポジションを移した本田にビッグチャンスが訪れる。49分に相手GKのクリアミスを拾うと、ゴール正面から左足でミドルシュートを放った。しかし、力強いシュートはわずかにゴールの枠を外れてしまい、惜しくも今大会初得点とはならなかった。

 69分にはウィダード・カサブランカのキャプテン、ナカシュが危険なタックルで2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。パチューカは数的有利を得ることになった。

 しかし、その後も一進一退の攻防が続き、勝ち越し点が生まれないまま試合は進んでいく。本田も後半アディショナルタイムにピンポイントのクロスを供給したが、そのボールに合わせた味方のヘディングはサイドネットを揺らすにとどまり、劇的な決勝ゴールとはならず。0-0のまま90分が終了し、試合は延長戦に突入した。

 延長戦に入ってからも両チームともに譲らず、無得点の時間帯が続く。そしてPK戦突入も見えてきた延長後半、ついに試合が動く。112分にパチューカは縦パスを使ってディフェンスラインの裏を突くと、右サイドから供給されたクロスにゴール正面でビクトル・グスマンが合わせる。下がりながら放ったヘディングは見事にゴールネットに吸い込まれていき、ついに均衡を破ることに成功した。

 試合はそのまま終了し、パチューカが延長戦にもつれこんだ死闘を制した。本田は延長戦を含めた120分間にフル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。

この試合に勝利したパチューカは、13日に準決勝でグレミオ(南米王者)と対戦する。

【スコア】
パチューカ 1-0 ウィダード・カサブランカ

【得点者】
1-0 112分 ビクトル・グスマン(パチューカ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA