2016.12.19

「2位も最下位も一緒」…準優勝も悔いの残るMF柴崎「歴史に名を刻みたかった」

柴崎岳
ブロンズボールを受賞した鹿島MF柴崎岳 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)は欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と対戦した。

 鹿島は開始9分にレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマのゴールで先制を許したが、MF柴崎岳が2ゴールを挙げて逆転に成功する。しかし、FWクリスティアーノ・ロナウドに同点PKを決められると、2-2のまま延長戦に突入。欧州王者相手に最後まで健闘したが、延長前半にC・ロナウドに2ゴールを許して2-4で敗れた。

 2得点を挙げた柴崎は「2位も最下位も一緒」と感じているようで、「歴史的には優勝したレアル・マドリードの名前が残っていくだけなので。そこにやっぱり自分たちの名を刻みたかった」と改めて準優勝に終わったことに悔しさをにじませた。

 レアル・マドリードについては「本当に最後の最後は相手のクオリティの方が高い」と相手との技術の差を痛感。「パスの1本1本は重いですし、味方にとって受けやすいパスを出している印象がありましたし、ポジショニングも非常に細かくよく取れている」と、同じピッチに立って初めてわかったことも多かったという。

 日本勢初、アジア勢初の準優勝という結果に、鹿島は高い評価を受けている。しかし、柴崎は十分ではないと感じている様子で、「プレーで見れば通用した部分がフォーカスされているかもしれませんけど。まだまだやらなければいけないことはたくさんあると思います。鹿島にとってはやっぱりこの試合ではなくて、これからどうしていくかっていう。この試合を経て、どういうクラブにしていくのか、なっていくのかっていうのが重要だと思う。むしろ大変なのはこれからなのかなと思います」と、今大会で得た経験をどれだけ生かしていけるかが重要だと語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る