2016.12.19

悔しい準優勝…鹿島の主将MF小笠原「アジア王者としてまたこの舞台に」

小笠原満男
モドリッチ(右)と競り合う小笠原(左) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)は欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と対戦した。

 鹿島は開始9分にレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマのゴールで先制を許したが、MF柴崎岳が2ゴールを挙げて逆転に成功する。しかし、FWクリスティアーノ・ロナウドに同点PKを決められると、2-2のまま延長戦に突入。欧州王者相手に最後まで健闘したが、延長前半にC・ロナウドに2ゴールを許して2-4で敗れた。

 一時はリードを奪ったが、健闘むなしく準優勝となった鹿島。主将のMF小笠原満男は「すごく悔しいですね。勝ちたかった」と悔しさを露わにした。

 記者から「手応えを感じたのでは」という質問を受けると「いや、俺らは結果を求めてやっていたんで、勝てなくて残念です」とあくまでタイトルにこだわっていたことを明かし、「また来年、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)を勝ち抜いてアジア王者としてまたこの舞台に立って、チャンピオンを取れるように頑張りたいという気持ちですね」と2017年大会への出場を目標に掲げた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る