FOLLOW US

鹿島の健闘を称えるレアル主将のS・ラモス「彼らにも祝福の言葉を贈りたい」

トロフィーを手にする主将のS・ラモス(左)とジダン監督(右) [写真]=Getty Images

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)が対戦した。延長にもつれ込んだ熱戦は、2得点を加点したレアル・マドリードが4-2で鹿島を退け、世界一の座についた。

 主将としてトロフィーを掲げたレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、「今日はレアルのサポーターにとって、そして選手たちにとって非常に特別な1日になった。今年はチャンピオンズリーグ、スーパーカップ、そしてこのクラブW杯という3つのタイトルを獲得することができて、こういった形で1年を締めくくることができて非常に誇りに思うし、これまでやってきた努力の成果だと思っている」と優勝という形で2016年を締めくくれたことを喜んだ。

 また、延長戦まで持ち込んだ鹿島については「非常にいい試合をしたので、彼らにも祝福の言葉を贈りたい。僕たちにとっても非常に難しい試合だった。彼らは僕たちにダメージを与えたし、ゴールも決めた。そして延長戦にまでもつれ込んだ。非常にインテンシティの高い試合になったが、幸いタイトルを獲得することができて嬉しい」と称賛の言葉を贈った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA