2016.12.19

鹿島を称賛するレアル守護神「決勝にふさわしいチーム。彼らに敬意を表して戦った」

ケイロル・ナバス
レアル・マドリードの優勝に貢献したK・ナバス [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)が対戦した。延長にもつれ込んだ熱戦は、2得点を加点したレアル・マドリードが4-2で鹿島を退け、世界一の座についた。

 準決勝に続いてレアル・マドリードのゴールマウスを守ったコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは「とても幸せ。どの選手も非常に素晴らしい仕事をこなしてくれた。簡単な試合など一つもないが、チームが一つにまとまったことでさらに強くなり、強い意志を持って戦い、30試合以上連続無敗という記録を打ち立てることができた」とクラブ世界一に輝いた喜びを語った。

 一方で、この日は鹿島相手に一時は逆転されるなど、苦しい戦いを強いられた。鹿島の印象については「難しい試合だった。鹿島も非常にいいプレーをした。我々が犯したミスをうまく利用して得点を奪い、さらにゴールに迫ってきた」とコメント。続けて「つねにお互いをサポートしながら戦っていたと思う。(90分の)最後に(鹿島が)2つの決定機を迎えたが、それを生かすことができず、その後も攻め込んできたので後方にスペースが空き、我々はそこを突いて3点目を奪いに行くことができた」と勝因は鹿島が前がかりになってスペースが空いたことにあると振り返った。

 また、鹿島の選手たちについては「素晴らしい選手が大勢いた。今日の試合でもいいプレーをしていたし、今日は試合中ずっと彼らに敬意を表して戦っていたし、決勝を戦うにふさわしいチームだったと思う」と率直に述べ、鹿島の健闘を称えた。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る