2016.12.14

鹿島が“歴史的ゴール”! FIFA主催大会で初、ビデオ判定によりPKを獲得

今大会で導入されているビデオ・アシスタント・レフェリー [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016準決勝が14日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)と南米サッカー連盟代表のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)が対戦。この試合で、FIFA主催大会では史上初めて、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKが与えられた。

 歴史的な瞬間が訪れたのは30分。セットプレーのチャンスで鹿島のDF西大伍がエリア内で相手選手に倒されると、一度はそのままプレーが続行されたが、主審が試合を中断し、ビデオを確認。その後、ペナルティスポットを指差し、鹿島にPKを与えた。

 FIFAが主催する大会でVARによりPKが与えられたケースはこれが史上初となった。

 なお、これで得たPKを33分にFW土居聖真が決め、試合は鹿島が1点をリードしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る