2016.12.09

「情けない戦い」…鹿島DF昌子、逆転勝利も失点悔やむ「反省すべき」

昌子源
オークランド・シティ戦に出場した昌子 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016開幕戦が8日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズはオセアニアサッカー連盟代表のオークランド・シティに2-1で勝利した。試合後、DF昌子源がコメントを残している。

 鹿島は後半の立ち上がりにセットプレーから失点。昌子は「不用意なファウルを与えてしまった。やられる気配はセットプレーでしかなかったので、それをみすみす与えてしまった。反省すべきところだと思います」と、きっかけとなったファウルを悔やんだ。その後に逆転し勝ち上がることができたが「失点してからスイッチが入るというのは、情けない戦いをしてしまった」と、先手を奪えなかった試合展開に苦言を呈している。

 ゴールがない中で、「ハーフタイムにも、もっとシュートを打ってほしいと僕から要求しました。たとえ入らなくても自分たちのリズムを作っていって、そこでゴールキックになるのであれば問題ないし。中途半端にボール回してパスカットされてカウンターを食らうよりいい」と、意見を前線の選手へぶつけていたことを明かしている。

 次戦は11日にアフリカ王者のマメロディ・サンダウンズと対戦するが「今日の相手よりは一段と強くなると思う。やったことも見たこともない。身体能力が高いんだろうな、と想像はつくので、ただ単にヘディングで勝つとかだけじゃなく、チーム、組織として勝たないと」と気を引き締めている。中2日での試合になるが「僕らより過密日程のチーム、時差や長期移動への対応が必要なチームもある。僕らはホームなので、それを言い訳にはできない」と、有利な立場であることを強調した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る