2016.12.09

対戦できるのが“光栄”…オークランド指揮官が鹿島称賛「手強いチーム」

オークランド・シティを率いるラモン・トゥリブリエッチ監督 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016開幕戦が8日に行われ、オセアニアサッカー連盟代表のオークランド・シティは開催国代表の鹿島アントラーズに1-2で敗れた。試合後、ラモン・トゥリブリエッチ監督がコメントを残している。

 トゥリブリエッチ監督は試合を振り返り「鹿島は日本でナンバーワンであり、手強いチームでした。残念ながら負けてしまったが、戦い方はよかったと思っていますし、誇りに思っています」と鹿島を称賛した。

 その上で「我々はセミプロチームですし、日本のベストチームと対戦できるということ自体が光栄なことです」と、大会に出場したことへの満足感を示し、「母国ではここまで早いリズムで試合することもありません。それは言い訳ではなく、よく戦ったが、最後はこういう結果になってしまったということ」と、国内リーグとの違いを挙げている。

 敗れたオークランド・シティは、初戦で大会から姿を消す事になってしまった。一方勝ち上がった鹿島は、11日にアフリカサッカー連盟代表のマメロディ・サンダウンズと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る