2016.12.09

同点弾アシストで勝利に貢献の永木、MOM選出も「手応えはそんなにない」

永木亮太
クラブW杯開幕戦のプレイヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた永木亮太 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 鹿島アントラーズは8日に行われたFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016開幕戦でオセアニアサッカー連盟代表のオークランド・シティと対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。試合後、プレイヤー・オブ・ザ・マッチ(マン・オブ・ザ・マッチ/MOM)に選ばれた鹿島のMF永木亮太だが、「手応えはそんなにない」と冷静に語った。

 鹿島は後半立ち上がり50分に先制を許したものの、67分に永木が同点ゴールを演出し、試合を降り出しに戻す。MF遠藤康とのワンツーでペナルティーエリア内右に進入した永木がマイナスの折り返し。これを54分から途中出場したFW赤崎秀平がダイレクトで右足を振り抜き、ゴール左隅に決めた。

「自分もより攻撃意識が高くなっていた」という永木は、「ヤス(遠藤)と(西)大伍くんのところで時間を作れていたので、より前に行こうかなと思っていた。あのタイミングでうまくヤスがタメを作って、ボールもすごく良かったし、自分のランニングのコースも良かった。秀平が1人だけマイナスに動いたのでフリーだなと。あのタイミングで、あの動きをしてくれると大体フリーなんで、それは感じていた。ああいう形で点を取れたのは非常によかった」とアシストの場面を振り返った。

 同点ゴールで流れを引き寄せた鹿島は、62分からMF小笠原満男に代わって出場したFW金崎夢生が88分に逆転ゴールを獲得。これが決勝点となり、2-1で勝利を収めた。

 小笠原の交代後にキャプテンマークを巻いた永木は「なんとか勝ち切れたのは良かった」と勝利を喜んだものの、試合内容について「イージーミスが多かった」と反省。MOM選出についても「アシストは良かったんですけど、手応えはそんなにない」と続け、「今日は本当に秀平と夢生が入ってきて勝てたので。本当にFWの2人に感謝しています」とゴールを挙げた赤崎と金崎を称えた。

 それでも、初のクラブW杯出場は十分に刺激となった。「外国人相手にこういうオフィシャルな試合をできるっていうのはすごくいい経験になる。日本人にはない懐の深さや、フィジカルの強さをやっぱり感じた。もっとレベルが上がってくると思うので、ボールの取り方をもっと変えていかないといけないかなと思う」と国際舞台での収穫を口にした。

 準々決勝に駒を進めた鹿島は大阪へ移動し、11日にアフリカサッカー連盟代表のマメロディ・サンダウンズと対戦する。永木は「さらにタイトになるので、より集中力を持っていかないといけない。次の相手はもっと強いはずだし、身体能力もすごく高い相手なので」と警戒を強めた一方で、「本当に楽しみ。もっともっと懐が深い選手がたくさんいると思うし、スピードもあり、技術も上がってくると思う。その相手に自分たちもしっかりサッカーをして、自分のいいところもしっかり出して勝ちたい」とアフリカ勢との対戦に意気込んだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る