2016.09.18

クラブW杯の参加チーム拡大? UEFAが改革に着手、コンフェデ杯は廃止へ

昨年日本で開催されたクラブW杯を制したバルセロナ [写真]=VCG via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)が、コンフェデレーションズカップの廃止とクラブ・ワールドカップの開催方法の変更を検討しているようだ。17日付のイギリス紙『デイリーミラー』など複数のメディアが報じている。

 同紙によると、UEFAと欧州クラブ協会(ECA)がコンフェデレーションズカップを廃止することと、クラブ・ワールドカップを2年ごとに開催することを計画している模様。現在のクラブ・ワールドカップは、6大陸王者に開催国王者を加えた7チームで行われているが、16あるいは24チームでの開催に拡大しようと考えているようだ。

 計画では、2019年のクラブ・ワールドカップで新たなコンペティションを導入する予定。ヨーロッパ各国リーグのプレシーズンにあたる夏の期間に行い、ECAは過去2シーズンのチャンピオンズリーグ王者を含めた、少なくとも8チームがヨーロッパから出場できることを求めているという。

 しかしながら、南米王者を決めるコパ・アメリカが奇数年の夏に4年に1度開催されており、時期がかぶってしまうという障害もある。日程調整を含めた諸問題を解決し、クラブ・ワールドカップの拡張は現実のものとなるのか注目が集まる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る