2015.12.14

広島DF塩谷、先制点は狙い通り「1本目は翔が入ると決まっていた」

塩谷司
マゼンベ戦で先制点を上げた塩谷 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ2015準々決勝が13日に行われ、サンフレッチェ広島はマゼンベ(DRコンゴ)を3-0で下し、準決勝に駒を進めた。試合後、先制点を挙げた広島DF塩谷司が取材に応じている。

 先制点のシーンは前半終了間際の44分に訪れた。MF茶島雄介がCKを蹴ると、ニアに飛び込んだDF佐々木翔がボールの軌道を変え、最後はゴール前に飛び込んだ塩谷が右足で押し込んだ。塩谷は、「スカウティングで言っていて、1本目は翔が入ると決まっていた。自分にはマークがついているか曖昧な状況で、翔がすらしたボールが来るかなと狙っていたら、うまく転がってきた。本当に押しこむだけだったんで、ラッキーなゴールだった」と振り返っている。

 後半にDF千葉和彦とFW浅野拓磨がゴールを追加点を決めて3-0で勝利した広島は16日、決勝進出を賭けて南米王者のリーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る