2015.12.14

南米王者・リーベルとの準決勝へ…青山敏弘「やり方を変えてはダメ」

青山敏弘
マゼンベ戦に出場した広島MF青山敏弘 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は、13日に行われたFIFAクラブワールドカップ2015準々決勝で、アフリカ代表のマゼンベ(DRコンゴ)と対戦し、3-0で勝利を収めた。試合後、キャプテンのMF青山敏弘が取材に応じている。

 前半はマゼンベに押し込まれる展開となった広島だが、44分にCKからDF塩谷司が貴重な先制点を奪うと、57分にもCKから今度はDF千葉和彦が決めてリードを2点に広げる。さらに途中出場のFW浅野拓磨が78分に試合を決定づける得点を決め、終わってみれば3点差の快勝で準決勝に駒を進めた。

 アフリカ王者相手の完勝に、「ウチの良さが出た試合だと思うし、今年Jリーグでやってきたそのままが出た試合だと思う」と満足感を見せる青山は、「みんなが意思統一して、相手の良さを出させない、そこから自分たちの良さを出せるように。そこは整理しました。相手がパワーがあるのは分かっていましたし、プレッシャーをかけてくるスピードや相手のリーチの長さは慣れるまでにちょっと時間がかかりましたけど、慣れてからは何も問題なかったと思う。厳しい時もありましたが、耐える時は耐えるんで。それがあったから勝てたと思います」と試合を振り返った。

 この勝利で5位に終わった3年前の成績を超えることとなったが、青山は「まだ壁だと思っていない。ここからがスタートだと思っているんで」とコメント。コンディションについても「(試合に)出れば出るほどいいんじゃないですか」と強気な姿勢を見せている。

 準決勝では南米王者のリーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦するが、「まだ何も考えてないんで、ここから2日間しっかり準備してやりたいです」と話し、「強ければ強いほど楽しみな部分はあるし、やりがいはある。ただ、結果がすべての世界。サッカーはチャンスがあるスポーツで、そのチャンスをどれだけ準備の段階で広げていけるかが勝負だと思うんで、そういう楽しみはあります」と強豪相手の試合に向けた意気込みを口にした。

 また、「自分のところでミスがあって取られても他のみんながカバーしてくれて、そういう信頼があるから、自分は何回でもボールを受けてさばいてっていうのをやる」とチームメートへの信頼を強調すると、「やっぱりやり方を変えては絶対にダメだと思うし、相手がどんなチームだろうが、このやり方でやり切る。勝っていようが負けていようが、それが大事」と、どんな相手にも広島の戦い方を変えずに挑むことが重要だと述べた。

 そして最後に、「結果がすべてなんで、PKでも何でもいいんで勝ちたいと思います。頑張ります」と、どんなかたちでも勝利を掴みたいと話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る