2015.12.10

自身初のクラブW杯に臨む浅野拓磨が宣戦布告「スピードには自信を持っている」

浅野拓磨
浅野(左)はCS第2戦でも持ち前のスピードを発揮。優勝を決める同点弾も叩き出した [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 サンフレッチェ広島の若きストライカーが「世界の場でどれだけ自分のプレーができるのか楽しみ」と大舞台に胸を高鳴らせた。

 広島は9日、翌日にオークランド・シティ(ニュージーランド)とのFIFAクラブワールドカップ2015開幕戦を控えて前日練習を実施。明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝で第1戦、第2戦ともにMVP級の活躍を見せたFW浅野拓磨は「初めての経験ですし、楽しみにしています。特に緊張もしていないので、自分の持っているものをぶつけるだけ」と笑顔を浮かべた。

 5日にガンバ大阪とCS決勝第2戦を戦ったばかりの広島にとっては、中4日のハードスケジュール。浅野は多少の疲れを認めつつも、「今までも厳しい戦いを乗り越えてきました。今回もチーム一丸となってやっていきたい」と過密日程のシーズンを分厚い選手層で戦い抜いたチームの団結力で初戦突破を目指す。

 対するオークランド・シティのラモン・トリビュリエッチ監督は「(広島は)厳しい試合を戦ってチャンピオンになったことで、そのワクワク感や興奮がまだ残っているかもしれない」とコメント。準備期間が不十分であっても、Jリーグ王者相手に油断はできないと気を引き締めた。広島は2012年にも初戦でオークランド・シティと対戦し、1-0で準々決勝へと駒を進めており、敵将は「広島はカウンター攻撃が非常に鋭い。2012年の試合でも我々がボールを保持したが、カウンターを食らった」と当時の経験も踏まえ、Jリーグ王者の速攻に警戒を示した。

 そのカウンター攻撃でゴールを虎視眈々と狙うのが浅野だ。「相手は大きな選手が多くて強い。球際や競り合いで強いのもわかっているけど、その分、自分の特長も生きてくるはず。相手としっかり駆け引きをして、自分の持っているものがより生きるようにプレーしたい」と持ち味のスピードを発揮したいと意気込む。

 今季、浅野は一瞬で相手を置き去りにするスピードをピッチ上で幾度となく披露してきた。その快足がオークランド・シティに脅威を与えることは間違いない。年明けにはリオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選を控え、U-22日本代表のエースとしての活躍も求められる。ここで世界を肌で感じることは、今後への大きな成長につながるはずだ。「スピードには自信を持っている」。堂々と胸を張る21歳のストライカーが世界と真っ向から対峙する。

文=高尾太恵子

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング