2014.11.11

クラブW杯の審判団発表…ブラジルW杯日本戦担当のペドロ・プロエンサ氏ら選出

ペドロ・プロエンサ
ブラジルW杯で日本戦を裁いたペドロ・プロエンサ氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 12月にモロッコで開催されるFIFAクラブワールドカップを控え、FIFA(国際サッカー連盟)は10日、試合を担当する審判団を発表した。

 審判団は、所属する大陸連盟ごとにレフェリー1名、アシスタントレフェリー2名の3人一組ずつ選出。ユーロ2012の決勝や、ブラジル・ワールドカップの日本vsコロンビア戦などを担当した経歴のあるポルトガル人のペドロ・プロエンサ氏ら18名が選ばれた。

 選出が発表された審判団は以下の通り。

■AFC(アジアサッカー連盟)
レフェリー: ベンジャミン・ウィリアムス(オーストラリア)
アシスタントレフェリー1: マシュー・クリーム(オーストラリア)
アシスタントレフェリー2: ポール・セトランゴロ(オーストラリア)

■CAF(アフリカサッカー連盟)
レフェリー:ヌマンディエ・ドゥエ(コートジボワール)
アシスタントレフェリー1: ソンギフォロ・イェオ(コートジボワール)
アシスタントレフェリー2: ジャン・クロード・ビルムシャフ(ブルンジ)

■CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)
レフェリー: ウォルター・アレキサンダー(グアテマラ)
アシスタントレフェリー1: レオネル・レアル(コスタリカ)
アシスタントレフェリー2: ガーソン・オトニエル(グアテマラ)

■CONMEBOL(南米サッカー連盟)
レフェリー: ウィルマー・ロルダン(コロンビア)
アシスタントレフェリー1: エドゥアルド・ディアス(コロンビア)
アシスタントレフェリー2: アレクサンダー・グズマン(コロンビア)

■OFC(オセアニアサッカー連盟)
レフェリー: ノルベルト・ハウアタ(タヒチ)
アシスタントレフェリー1: テヴィタ・マカシニ(トンガ)
アシスタントレフェリー2: ポール・アフプ(タヒチ)

■UEFA(欧州サッカー連盟)
レフェリー: ペドロ・プロエンサ(ポルトガル)
アシスタントレフェリー1:ベルティーノ・ミランダ(ポルトガル)
アシスタントレフェリー2: チアゴ・トリゴ(ポルトガル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る