FOLLOW US

ミス絡みの失点で先勝許したシメオネ監督「選手が人間である以上、良いことも悪いことも起こり得る」

2024.02.21

インテル戦を振り返ったシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が、20日に行われたインテル戦を振り返った。同日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 チャンピオンズリーグ・グループEを首位で通過すると、決勝ラウンド16ではインテルと対戦することになったアトレティコ・マドリード。20日に敵地で行われたファーストレグは、スコアレスで迎えた終盤にミス絡みで痛恨の失点を喫した他、直近のリーグ戦でマニータを達成した攻撃陣も沈黙。このまま0-1で、先勝を許してしまった。

 試合後、インテルの攻撃に80分頃まで耐えていただけに、ミスからの失点を悔やんだシメオネ監督は「非常に良い競争をして、インテルのような偉大なチームの攻撃をあと一歩のところまで凌ぎ、求めていたものに近づいた。後半にも何度かチャンスがあったけど、最終的にはミスにつけ込まれてしまったね」と吐露。続けて「フットボールでは望んだ通りに準備ができても、選手が人間である以上、良いことも悪いことも起こり得るんだ。そういうのをミスといい、今日は彼らがそれをうまく利用した」と語った。

 一方で、シメオネ監督は「1-1にすることが重要だったし、それが実現する可能性もあった。(マルコス・)ジョレンテのヘディングもアルバロ(・モラタ)のヘディングも…。相手のカウンター攻撃がよく機能していた。ビルバオでのコパと同様に難しいが、どちらか、あるいは両方で勝ち残れるかを見てみよう」と手応えを得たシーンもあったようだ。

 1点の“十字架”を背負ったアトレティコ・マドリードだが、セカンドレグは威容を誇る本拠地『シビタス・メトロポリターノ』で戦える。逆転突破の“カギ”について、「ゴール」と「デュエルに勝ち続け、よりインテンシティを持って走り続けば、そこから良いことが起こる」と挙げた“チョロ”は「楽観的だよ。だって、今日の試合に敗れたにもにも関わらず、我々にはまだ戦うという選択肢があるのだからね。チームは何を見つけなければならないか、そして相手のプレースタイルも知っている。あとは自分のたちの番が回ってきたときに勝負するだけだ」と意気込みを示している。

 果たして、アトレティコ・マドリードは来月13日のセカンドレグで巻き返せるのだろうか。

【PR】UCLはWOWOWが独占配信!
いつでも楽しめるオンデマンドがおすすめ!

WOWOWオンデマンド


「WOWOWオンデマンド」とは、テレビやBS視聴環境がなくてもWOWOWのコンテンツを月額2,530円(税込)で楽しめるお得で便利なサービスです。

  1. UCLは全試合ライブ&見逃し配信、UELも注目試合をライブ&見逃し配信!
  2. 「WOWOWオンデマンド」なら、いつでもどこでも好きなデバイスで視聴可能!
  3. スポーツ、映画、音楽、ドラマなど幅広いコンテンツが堪能できる!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGアトレティコ・マドリードのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO