FOLLOW US

CL決勝戦でのキックオフ遅延はなぜ起こった? UEFAとリヴァプールが声明を発表

CLファイナルではキックオフ時刻が約35分遅延していた [写真]=Icon Sport via Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・決勝戦が28日に行われ、リヴァプールとレアル・マドリードが対戦した。試合はブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのゴールが決勝点となり、レアル・マドリードが4シーズンぶり14度目の優勝を飾っている。

 世界中から熱視線が注がれたCLファイナルでは、キックオフ前にアクシデントが起こった。同試合は従来21:00(日本時間28:00)にキックオフを迎える予定だったものの、35分ほど遅れて試合がスタートするという異例の事態に。スタジアムでは何が起こっていたのか、注目が集まっていた。

 UEFA(欧州サッカー連盟)は同試合が無事にキックオフを迎えたことを受けて、公式HPにて声明を発表。「試合前にリヴァプール側の入場口が、偽チケットを持った数千人もの人々でふさがれる事態となった。本物のチケットを持っているファンを試合までにできる限り多く入場させるため、キックオフ時刻を約35分遅延させた」と説明した。

 騒ぎはキックオフ後も収まらなかったという。「キックオフ後もスタジアム外で人数が増え続けたため、現地警察は催涙ガスを用いて、スタジアムから彼らを強制的に退去させた」と、その様子を伝えている。「フランスの警察および当局、そしてフランスサッカー連盟とともに、この件についてさらに早急に検討する予定だ」と語った。

 また、リヴァプールもクラブ公式HP上で声明を発表している。

「我々は今晩、スタッド・ドゥ・フランスにて我がクラブのファンが直面したスタジアム入場の問題や警備の崩壊に、非常に失望している。この試合はヨーロッパサッカー界における最も偉大な一戦であり、サポーターは今夜我々が目撃したようなシーンを経験する必要はなかった。我々はこれらの受け入れがたい問題の原因について、正式に調査を要請した」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO