FOLLOW US

ルカクが分厚い守備をこじ開ける!…前回王者チェルシー、ゼニト撃破で白星スタート

決勝ゴールを決めたルカク [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節が14日に行われ、チェルシー(イングランド)とゼニト(ロシア)が対戦した。

 前回王者のチェルシーは、前線にロメル・ルカク、メイソン・マウント、ハキム・ツィエクを起用。中盤にはジョルジーニョとマテオ・コヴァチッチが並んだ。一方のゼニトはマルコムやサルダル・アズムン、ウィルマル・バリオスがスタメンとなり、コンディション不良のデヤン・ロブレンはベンチを外れている。

 試合は、ルカクを起点にじっくりと攻撃を組み立てようとするチェルシーと、短いパスをつなぎながら速攻を目指すゼニトの探り合いが続く。5バックのゼニトを徐々に押し込み、高い位置のリース・ジェームズとマルコス・アロンソを使ったサイド攻撃を繰り出すチェルシーだったが、前半は最後まで大きなチャンスを迎えることなくハーフタイムへと入る。

 後半に入って少しずつ試合が動き出すと、50分には豪快な持ち上がりからアントニオ・リュディガー、56分にはルカクの落としを受けたジェームズがシュートを打つも枠に入らず。一方のゼニトも、61分にアズムンが一対一を迎えかけるも、これはカバーに入ったリュディガーが間一髪で阻止した。

 すると迎えた69分、チェルシーはセサル・アスピリクエタが右サイドから丁寧なアーリークロスをあげる。これをファーサイドで競り勝ったルカクが頭で合わせ、堅固な守備ブロックに苦むなかエースの高さを武器にようやくゴールをこじ開けた。

 反撃に転じたいゼニトは、75分に切り札である長身のアルテム・ジューバを投入。すると80分、ジューバが自身のポストプレーから中央への折り返しに身体を投げ出すも、足先で触ったボールはわずかに枠を捉えることができず、ゼニトにとってこの日最大のチャンスを決めきれない。

 チェルシーはその後、チアゴ・シウヴァやベンジャミン・チルウェルらを投入しゲームをクローズ。試合はこのまま終了し、ゼニトの堅固な守備をルカクのパワーでこじ開けたチェルシーが白星スタートを飾った。

 次節、チェルシーは29日にアウェイでユヴェントスと、ゼニトはホームでマルメと対戦する。

【スコア】
チェルシー 1-0 ゼニト

【得点者】
1-0 69分 ロメル・ルカク(チェルシー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO