FOLLOW US

CL敗退が決まるも…カペッロ氏、メッシの活躍を称える「天才であることを示した」

CLラウンド16第2戦PSG戦に臨んだメッシ [写真]=Getty Images

 かつてミランやユヴェントス、イングランド代表などで監督を務めたファビオ・カペッロが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。『スカイスポーツ』が伝えている。

 10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦へ臨んだバルセロナは、1ー1で引き分けに終わった。この結果、バルセロナは2戦合計スコア5ー2で大会敗退が決まったが、同試合で存在感を見せたメッシについて、カペッロ監督は以下のように語りその活躍を称えている。

「PSGで見たレオ(メッシ)は、マルキーニョスケイラー・ナバスにしか抑えられていなかった印象だ。改めて、彼が他の選手にないものを持っていて、絶対的な天才であることを示していたと思う。特筆すべき選手だね」

「今シーズンを評価した時には、他の選手がバロンドールを受賞するかもしれない。ただ、メッシが天才なのは多くの選手が計算できないほどのスピードとクオリティを兼ね備えているからだ。まるで手を使うように、脚でボールを扱う。PSGとの一戦では、偉大なメッシと良いバルセロナを見られたと思うよ」

 カペッロが称えたメッシには今シーズン、リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイのタイトルが残されている。今後もキャプテンおよびエースとしてチームを牽引し、トロフィーを獲得できるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO