FOLLOW US

時代の終焉か…メッシ&C・ロナウド不在のCL準々決勝は16年ぶり

CL決勝T1回戦で姿を消したメッシとC・ロナウド [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユヴェントスに所属しているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがともにチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)で姿を消すこととなった。

 C・ロナウドが所属するユヴェントスはポルトと対戦。ファーストレグを1-2で落として迎えたセカンドレグは、53分にポルトのメフディ・タレミが2枚目のイエローカードで退場となると、90分間で2-1とし、延長戦に突入。しかし、115分にFKから失点し、痛恨のアウェイゴールを献上。直後に1点を返し、2試合合計で4-4としたものの、アウェイゴールの差で敗退となった。

 また、メッシの所属するバルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。ホームで行われたファーストレグを1-4で大敗し迎えたセカンドレグは、30分に先制を許すと、37分にメッシのミドルシュート弾で1点を返したものの、前半終了間際にはメッシがPKを失敗。その後も得点を挙げることができず、2試合合計2-5で敗退となった。

 データサイト『OPTA』によると、メッシとC・ロナウドがともにCL準々決勝に進出できなかったのは2004-05シーズン以来、16年ぶり。長年数々の記録を打ち立ててきた両者だが、今大会はCLベスト8に進出することができなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO