FOLLOW US

PSG、バルサとの2ndレグもネイマールは不在「彼は復帰を望んでいたが…」

ネイマール(左)の欠場をポチェッティーノ監督が明かした [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ブラジル代表FWネイマールのコンディションを説明した。9日、フランスメディア『RMC Sport』が伝えた。

 ネイマールは2月10日に行われたクープ・ドゥ・フランス9回戦のカーン戦で左足の内転筋を負傷し、全治約4週間と診断されていた。同16日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのバルセロナ戦は同選手を欠いての戦いとなったが、フランス代表FWキリアン・エンバペがハットトリックの活躍を披露したこともあってPSGが4-1の快勝を収めた。

 ネイマールは3月10日に行われるバルセロナとのセカンドレグで出場が期待されていたが、ポチェッティーノ監督は同試合も欠場することになると明言。9日に行われた前日会見で次のように語り、コンディションが万全でないことから、バルセロナ戦での起用を見送ることになったと説明した。

「それは“決断”ではなく、選手のコンディションによるものだ。ネイマールについては、プレーさせないことを私が決断したのではなく、(プレーできないというのが)現実であり事実だ」

「ネイマールはバルセロナ戦に限らず、できるだけ早く戻ってこようと努力してくれた。スタッフもコーチも全員が努力してくれた。彼がバルセロナ戦に出場し、チャンピオンズリーグ、クープ・ドゥ・フランス、リーグ・アンでの目標達成に向けて、チームの力になることを非常に期待していただけに、残念な結果となってしまった。彼は復帰を望んでいたが、(回復には)まだ数日必要だ。彼がチームを助けるために戻ってくることを願っているよ」

 なお『RMC Sport』の情報によると、ネイマールは内転筋の負傷を再発しているというわけではないという。ただ、同選手は先週に全体練習に復帰したものの、グループセッションにうまく適合することができなかった模様。そのため、8日から個人練習に逆戻りしているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO