FOLLOW US

CL決勝T進出16チームが決定…グループステージを8つのトピックで振り返る

CLグループステージを8つのトピックで振り返る [写真]=Getty Images

 8日と9日に行われた第6節をもって、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージが終了。全8グループの最終順位が確定し、決勝トーナメントに進出する16チームが決定した。

 そこで今回は、欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』やデータ会社『Opta』などの情報をもとに、グループステージを8つのトピックとともに振り返る。

[写真]=Getty Images

■欧州5大リーグの独占ならず

ポルト

前回大会は、欧州5大リーグのチームが16強の枠を独占したことが大きな話題となった。しかし、今大会での再現は実現しなかった。“非”欧州5大リーグから唯一の勝ち上がりを果たしたのは、中島翔哉が所属するポルト。酒井宏樹と長友佑都が所属するマルセイユ、マンチェスター・C、オリンピアコスが同居するグループCを2位で通過した。なお日本人選手所属クラブでは、ポルトのほかに南野拓実擁するリヴァプールが1位通過を果たしている。

■スペイン勢とドイツ勢が全チーム突破

決勝トーナメントに勝ち上がった16チームを国別に見ると、スペイン勢(レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、セビージャ)とドイツ勢(バイエルン、ドルトムント、ライプツィヒ、ボルシアMG)は出場全4チームがグループステージを突破。イタリア勢(ユベントス、ラツィオ、アタランタ)とイングランド勢(マンチェスター・C、リヴァプール、チェルシー)は3チームずつの突破となり、インテルとマンチェスター・Uの敗退が決まった。そして残り2枠を、フランス勢(パリ・サンジェルマン)とポルトガル勢(ポルト)が勝ち取った。

■国別の勝率は?

グループ突破のチーム数ではスペイン勢とドイツ勢に軍配が上がったものの、国別の勝率においてトップに立ったのはイングランド勢だった。彼らは計24試合で16勝をマーク。勝率66.6%は、ドイツ勢(62.5%)、スペイン勢(58.3%)、イタリア勢(45.8%)などを上回る。1位通過の顔ぶれを見ても、イングランド勢が最多3チームを数える。一方、全4チームが決勝トーナメントに勝ち進んだスペイン勢は、レアル・マドリードを除く3チームが2位通過。バルセロナは過去13シーズン連続で達成していた1位通過を逃し、決勝トーナメント1回戦ではバイエルン、マンチェスター・C、リヴァプール、パリ・サンジェルマンといった優勝候補と激突する可能性がある。

■無敗チームは?

グループステージを無敗で終えたのは4チーム。バイエルン(5勝1分け)、マンチェスター・C(5勝1分け)、チェルシー(4勝2分け)、そしてラツィオ(2勝4分け)だ。12年ぶりのCL本戦出場を果たしたラツィオは、ドルトムントに次ぐ2位でグループステージを突破。CLの決勝トーナメントに勝ち進むのは、1999-2000シーズン以来21季ぶりとなる。シモーネ・インザーギ監督は準々決勝まで勝ち進んだ当時、選手としてこの大舞台に立っており、指揮官としても上位進出を狙う。

■最多得点・最小失点チームは?

グループステージで最も多くの得点を奪ったのはバイエルン。6試合で24ゴールを記録した昨季ほどではないが、今大会も参加32チーム中最多となる18ゴールをマークした。堅守を誇るアトレティコ相手にホームで4-0の勝利を挙げるなど、圧倒的な得点力は今季も健在だ。一方、最少失点チームに輝いたのはマンチェスター・C。6試合で1失点しか許さず、イングランド勢では史上4チーム目となる快挙を成し遂げた。対戦相手に恵まれたとも言えるが、安定した守備で悲願の欧州制覇を目指す。

■得点ランク&アシストランクトップは?

得点王争いは混戦模様だ。6ゴールで首位タイに並ぶのは、ネイマール(パリ・サンジェルマン)、アルバロ・モラタ(パリ・サンジェルマン)、アーリング・ハーランド(ドルトムント)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)の4人。オリヴィエ・ジルー(チェルシー)、チーロ・インモービレ(ラツィオ)、アラサン・プレア(ボルシアMG)の3人が5ゴールで続く。一方、アシストランキングでトップに立つのはフアン・クアドラード(ユヴェントス)。コロンビア代表FWは、ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/4ゴール)らを上回る5アシストを記録している。

■16歳でCLデビュー

欧州最高峰の舞台で10代が活躍するのは今や珍しいことではない。ただ16歳でCLデビューとなれば、話は違ってくるだろう。9日に行われた第6節ゼニト戦では、ドルトムントのFWユスファ・ムココが途中から出場し、16歳18日というCL史上最年少でのデビューを果たした。カメルーン出身、現在U-20ドイツ代表としてプレーする同選手は、日本で言えば“高校2年生”になる。なお、CL史上最年少得点記録は昨季、バルセロナのアンス・ファティが樹立した17歳40日。決勝トーナメントで、新たな神童が記録更新を成し遂げるのか、注目が集まる。

■PK得点数が急増

今大会のグループステージは全96試合で289ゴールが生まれたが、そのうちPKでの得点が「47」を数えるという。これはCL史上最多で、同大会における1シーズンのPK得点記録をすでに「10」以上も上回っているそうだ。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入だけでなく、ハンドの基準が変わったことがPK得点数の増加に影響していると考えられ、UEFA(欧州サッカー連盟)からFIFA(国際サッカー連盟)に対してはルール見直しの要請が出たほどだ。いずれにせよ今大会は現行ルールのまま開催される可能性が高く、決勝トーナメントではPKが勝負の行方を左右するシーンが多くなるかもしれない。

(記事/Footmedia)

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO