FOLLOW US

ネイマール3発のPSG、バシャクシェヒル下しCLグループステージ首位通過決定

CLグループステージ首位通過を決めたパリ・サンジェルマン [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節が9日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とバシャクシェヒルが対戦した。

 この一戦は本来8日に行われるものだったが、14分付近で第4審判のセバスチャン・コルテスク氏がバシャクシェヒルのコーチを務めるピエール・ウェボ氏に人種差別的発言をしたことから選手たちはプレーを拒否し、試合は中断となった。その後、UEFAの決定により、9日に新しい審判団のもと残りの試合時間を行うこととなった。

 PSGは、マンチェスター・Uが最終節でライプツィヒに敗れたため、すでに決勝トーナメント進出を決めているが、この試合に勝利すれば首位通過が決まる。一方のバシャクシェヒルはすでにグループステージ敗退が確定している。スタンドには「NO TO RACISM」の横断幕が広げられ、選手たちは試合前に人種差別に反対の意思を示す片ひざ立ちのポーズをした。試合は中断していた14分からスタートした。

 ホームのPSGが試合を動かした。21分、ネイマールがペナルティエリア手前で相手ディフェンダーを抜き去り、右足でシュートを放つ。ボールはゴール右上に吸い込まれた。さらにPSGは38分、キリアン・エンバペからパスを受けたネイマールがシュートを決め、リードを広げる。

 PSGは直後の39分、ネイマールが相手GKと1対1になると、交わそうとしたところを倒される。そのこぼれ球をミッチェル・バッカーが押し込んでネットを揺らした。しかし、GKメルト・ギュノクがネイマールにファウルをしたとして、VARが介入した結果PKの判定となる。42分、エンバペがこれをゴール右に決め、前半のうちに3点のリードを奪った。

 後半へ折り返したPSGは50分、左サイドから味方とのパス交換で中央に切り込んだネイマールがペナルティエリア手前から右足を振り抜くと、ボールはゴール右に突き刺さった。バシャクシェヒルは57分に1点を返す。右サイドのCKからイルファン・ジャン・カフヴェジがボレーで合わせると、これがメフメト・トパルの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。

 しかし、PSGもすぐに取り返す。62分、左サイドの高い位置でネイマールからパスを受けたアンヘル・ディ・マリアがペナルティエリア内でフリーとなったエンバペに折り返すと、これを難なく決め、再び4点差とした。試合はこのまま終了。PSGが5得点でバシャクシェヒルに大勝し、グループH首位通過を決めた。

 CL決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は14日に行われる。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 5-1 バシャクシェヒル

【得点者】
1-0 21分 ネイマールパリ・サンジェルマン
2-0 38分 ネイマールパリ・サンジェルマン
3-0 42分 キリアン・エンバペ(PK/パリ・サンジェルマン
4-0 50分 ネイマールパリ・サンジェルマン
4-1 57分 イルファン・ジャン・カフヴェジ(バシャクシェヒル
5-1 62分 キリアン・エンバペパリ・サンジェルマン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO