FOLLOW US

3年連続GSで対戦のマンC&シャフタール、来季は別組に…「決勝Tでまた会おう」

3年連続で対戦していたマンチェスター・Cとシャフタール [写真]=Getty Images

 2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場するマンチェスター・C(イングランド)とシャフタール(ウクライナ)が、公式SNS上で互いの健闘を称え合った。

 マンチェスター・Cとシャフタールは2017-18シーズンから、3シーズン連続でCLのグループステージで対戦。マンチェスター・Cは4勝1分1敗で勝ち越し、得失点差も17得点3失点と力の差を見せつけていた。その3年間、マンチェスター・Cは3度とも決勝トーナメントに進出したが、シャフタールは17-18シーズンを除いて3位でヨーロッパリーグ決勝トーナメントへと回っていた。

 そんな両者は、来季のCLで別々のグループに分かれることが決定的に。今季のプレミアリーグ優勝を逃したマンチェスター・Cは、3年ぶりに「ポット1」から「ポット2」へと移り、ウクライナ・プレミアリーグで4連覇中のシャフタールも他クラブの結果を問わず「ポット2」に入ることになる。グループステージでは、同国対決および同一ポット内のクラブ同士での対戦は行われない。

 これを受け、マンチェスター・Cの公式Twitter(@ManCity)は、ウィズ・カリファが歌う『See You Again』のミュージックビデオのラストシーンをコラージュした画像を添えて、「いいドライブだったね@FCShakhtar」と投稿。すると、シャフタールの公式Twitterはこのツイートに対し、「ノックアウト・ステージ(決勝トーナメント)でまたお会いしましょう」と返信した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO