FOLLOW US

モウリーニョ監督、29分で交代のMFに謝罪「簡単ではなかったけど…」

ダイアーに謝罪したことを明かしたモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が前半29分で途中交代となったイングランド代表MFエリック・ダイアーに謝罪したことを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が26日に行われ、トッテナムはホームでオリンピアコスと対戦。試合開始から19分で2点のリードを許すと、モウリーニョ監督は29分にダイアーと交代でMFクリスティアン・エリクセンを投入した。その後、前半終了間際に1点を返すと、後半には3点を挙げて、4-2で逆転勝利を収めた。

 試合後、ダイアーの交代について聞かれたモウリーニョ監督は、「この試合で一番難しかった場面は、彼らが2点を先行したことではなく、前半のうちに交代を決断したことだった」と振り返った。

「あの決断は選手を傷つけたかもしれないが、私も傷ついている。彼にとっても私にとっても簡単なものではなかった。選手が理解してくれることが重要で、私がチームのために決断したと理解してくれる非常に賢い選手であったことはとても幸運だった。彼のパフォーマンスのことではなく、チームに必要なものだったんだ」

「我々は0-2で負けていた。その瞬間はとても難しい状況だったから、1人攻撃的なミッドフィルダーを入れることが必要だと思った。(デレ)アリと共にプレーできる2人目のクリエイティブな選手が必要だったんだ。それによって、2人のミッドフィルダーを底に置いた正三角形の形ではなく、逆三角形にしたかったんだ」

「私はエリックに謝罪した。しかし、彼を傷つけるためにしたのではなく、チームのために決断したことは理解してくれていると思う。ファンの人たちも理解してくれていると思うよ」

 見事な采配で逆転勝利へと導いたモウリーニョ監督。20日に就任してから2連勝と新天地で好スタートを切ることに成功している。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA