FOLLOW US

同点弾起点のボールボーイに感謝するモウリーニョ監督「素晴らしかった」

ボールボーイに感謝するモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が同点弾の起点となったボールボーイを称賛した。27日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が26日に行われ、トッテナムはホームでオリンピアコスと対戦。2点のリードを許したものの、前半終了間際にデレ・アリのゴールで1点を返すと、後半には3点を挙げ、4-2で逆転勝利。これにより、グループ2位での決勝トーナメント進出が決定した。

 話題となっているのは50分に生まれた同点弾。敵陣右サイドでボールがピッチの外へ出ると、すぐさまボールボーイがセルジュ・オーリエにボールを渡す。これをオーリエが相手DFの裏へ投げ入れ、ルーカス・モウラがペナルティエリア右奥深いところからワンタッチで折り返すと、ハリー・ケインが右足で流し込み、同点に追いつくことに成功した。

 試合を振り出しに戻すゴールの起点となったボールボーイにはモウリーニョ監督も深く感謝した模様で、ゴール後にはボールボーイの下へ歩み寄り、ガッチリと握手を交わした後ハグをして感謝を示した。

 試合後この行為について聞かれたモウリーニョ監督は、「自分がそうだったように、私は賢いボールボーイが大好きだ。私は子供の頃素晴らしいボールボーイだったからね」と語ると、次のように同点弾の起点となったボールボーイを称賛した。

「今日の彼も素晴らしかった。彼はゲームを読んで、ゲームを理解していた。そして、重要なアシストをしたんだ。彼はスタンドやライト、スカーフなどを見るためだけにそこにいたわけではない。彼は試合に入り込んでいて、素晴らしいプレーをしたんだ」

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA