FOLLOW US

先制するも逆転負け…インテル指揮官は敗戦に納得できず「私たちのほうが勝利に相応しかった」

バルセロナ戦を振り返ったインテルのコンテ監督 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 インテルを率いるアントニオ・コンテ監督は、チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節バルセロナ戦の結果に納得がいっていないようだ。3日に、スペインのスポーツ紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナの本拠地『カンプ・ノウ』に乗り込んだインテルは、開始3分でラウタロ・マルティネスがゴールを決め、幸先良いスタートを切った。だが、後半になるとバルセロナの反撃を許し、ルイス・スアレスに2ゴールを奪われた。結局ビハインドを取り返すことができず、1-2で敗れている。

 コンテ監督は「後半に試合がガラッと変わったね。私たちは彼らの圧力に耐え続けたし、非常に疑わしいプレーでPKを得ることだってできたはずだ」と述べ、勝敗は紙一重だったことを強調した。

「私たちがやったこと、創造したことを考えると、後味は非常に悪いよ。私たちは、バルセロナよりも勝利に相応しかったと思う。最終的に、この試合は素晴らしいプレーヤー(スアレス)によって決定づけられたね」

 インテルは次節、10月23日にホームでドルトムントと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA