2019.05.08

劇的勝利のリヴァプール、逆転での決勝進出で様々な記録を樹立

サッカー総合情報サイト

 7日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグで、バルセロナを4-0で粉砕したリヴァプールは、この一戦で様々な記録を打ち立てた。7日にイギリスの統計サイト『Opta』が報じた。

■“50人目”と“初の偉業”

それぞれ2得点を挙げたオリジとワイナルドゥム

それぞれ2得点を挙げたオリジ(左)とワイナルドゥム(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナ戦で得点を挙げたのは、ディヴォック・オリジジョルジニオ・ワイナルドゥムの2人。先制点と4点目を挙げたオリジは、リヴァプールにとってCLで得点を決めた記念すべき50人目の選手となった。また、ワイナルドゥムはCL史上初めて、バルセロナ相手に途中出場で2得点を挙げた選手になった。

■史上初の5チーム目

今季のCLで逆転突破に成功した5チーム

リヴァプールは今季のCLで逆転突破に成功した5チーム目に [写真]=Getty Images

 ファーストレグの0-3での敗戦から見事な逆転劇を収めたリヴァプール。セカンドレグに逆転し次のラウンドへ進出を決めたのは、今シーズンのCLでは5チーム目となり、これもCL史上最多の数字となった。ベスト16では、マンチェスター・U(vsパリ・サンジェルマン)、ポルト(vsローマ)、アヤックス(vsレアル・マドリード)、ユヴェントス(vsアトレティコ・マドリード)が、それぞれ逆転突破を決めている。

■9度目の決勝進出

CL決勝進出回数上位4クラブ

CL決勝進出回数上位の4クラブ、R・マドリード(左上)ミラン(右上)バイエルン(左下)リヴァプール(右下) [写真]=Getty Images

 イングランド勢としては2008年と09年のマンチェスター・U以来となる2シーズン連続の決勝進出となったリヴァプール。前身のチャンピオンズカップ時代も含めると、レアル・マドリード(16)、ミラン(11)、バイエルン(10)に次ぐ史上4番目に多い9度目となる決勝進出となった。

これまでの決勝の軌跡は、1977年vsボルシアMG(優勝)、78年vsクラブ・ブルージュ(優勝)、81年vsレアル・マドリード(優勝)、84年vsローマ(優勝)、85年vsユヴェントス(準優勝)、2005年vsミラン(優勝)、07年vsミラン(準優勝)、18年vsレアル・マドリード(準優勝)となっており、今年はトッテナムとアヤックスの勝者との戦いになる。

 アヤックスとは1966年に対戦し、1分1敗。トッテナムには82勝42分48敗と大きく勝ち越しているが、ヨーロッパの大会では1勝1敗となっている。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング