2019.05.03

初得点から14年…通算600ゴール到達のメッシを10の数字で振り返る

メッシ
通算600ゴール到達したメッシ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、クラブキャリア通算600ゴールを達成した。

 5月1日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグのリヴァプール戦で、2ゴールをマーク。2005年5月1日のリーガ・エスパニョーラ第34節アルバセテ戦で初得点を決めてから14年後、全く同じ日に節目の記録を打ち立てた。

 クラブキャリア通算600点は、現役選手として、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ2人目の快挙。大一番で千両役者ぶりを発揮するあたりは、さすがと言うほかない。

 そこで今回は、スポーツデータ会社『Opta』や大手メディア『ESPN』が公開したデータをもとに、メッシの600ゴールを10の数字で振り返る。

「0.9」

メッシ、C・ロナウド

(左)メッシと(右)C・ロナウド [写真]=Getty Images

今回のリヴァプール戦は、バルセロナでの通算683試合目となるゲームだった。1試合平均得点は「0.9」。選手としての特徴や辿ってきたキャリアが異なるため、単純比較はできないものの、C・ロナウドが803試合の出場で600ゴールを達成したことを考えると、メッシの得点力がいかに驚異的であるか分かるだろう。

「6」

メッシはこれまでに出場した6つの大会すべてでゴールを挙げている。もちろん最多はリーガ・エスパニョーラで417得点をマーク。その他の内訳は、CLが112得点、コパ・デル・レイが50得点、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)が13得点、UEFAスーパーカップが3得点、そしてFIFAクラブワールドカップが5得点となっている。

「26」

メッシ

[写真]=Getty Images

今回のリヴァプール戦でゴールを決めたことにより、メッシはプレミアリーグの“ビッグ6”すべてから得点を挙げたことになった。通算得点数は「26」。現役選手としては、マンチェスター・Cセルヒオ・アグエロ(53得点)、レスタージェイミー・ヴァーディ(32得点)、チェルシーエデン・アザール(27得点)に次いで4番目に多い。メッシはもちろんプレミアリーグ未経験。CLで対戦した試合でこれだけ多くのゴールを決めてきた。

「36」

メッシが最も得意としている相手はセビージャ。クラブ別で最多となる36得点を記録している。次いで、アトレティコ・マドリードから29得点、バレンシアから27得点、そしてレアル・マドリードから26得点をマーク。CLに限れば、アーセナルを最も得意としており、6試合の出場で9ゴールをたたき出している。

「42」

メッシ

[写真]=Getty Images

通算600点目となるゴールは直接FKから生まれた。メッシにとっては、42本目の直接FK弾となる。メッシは2008-09シーズンから11季連続で直接FKによる得点をマーク。リヴァプール戦の一発は今季8本目となる直接FK弾であり、シーズン別のFK得点数としては自己ベストになる。

「42」

アウヴェス、メッシ

最も多くのゴールをお膳立てした(左)D・アウヴェス [写真]=Getty Images

メッシの600ゴールは、何も一人で成し遂げられたわけではない。同僚からの数多くのアシストによって記録達成となった。メッシのゴールを最も多くお膳立てしたのは、ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスバルセロナに在籍した2008年から2016年までに、42アシストを記録した。彼に迫るのが、現同僚のルイス・スアレスで41アシストを記録。D・アウヴェスを上回って“最高の相棒”となる日は近い。

「73」

メッシのシーズン最多得点記録は、バルセロナでのジョゼップ・グアルディオラ体制最終年となった2011-12シーズンに作られた。同シーズンは、公式戦60試合に出場して73得点をマーク。元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラーが1972-73シーズンに打ち立てた67得点という欧州記録を塗り替えた。

「76」

メッシは公式戦で世界各国の85クラブと対戦。そのうちの76クラブからゴールを挙げている。得点を奪ったことがないクラブは、ベンフィカインテルなど9クラブだけ。今回の一戦まで、リヴァプール相手にも得点を挙げていなかったが、通算3試合目の出場でついにゴールネットを揺らした。

「81.8」

メッシは生粋のレフティーであり、左足で決めたゴールが最も多い。600ゴールのうち81.8%にあたる491ゴールを左足で決めている。もっとも、“利き足が左”というだけで、右足も自在に使いこなす。現に14.2%にあたる85ゴールは右足で奪ったものだ。さらにヘディングで22ゴール、その他の部位で2ゴールを決めている。

「1721~654~473~791~735~738」

メッシ

[写真]=Getty Images

メッシが初得点を決めてから600得点を達成するまでに要した期間は5113日だった。それを100ゴール単位で区切ると、初得点から100得点目までは1721日を消費。その後200得点目までは654日、300得点目までは473日と驚異的な早さでゴールを積み重ねてきた。以降はややペースダウン。300得点から400得点までは791日を費やし、500得点目までは735日、そして600得点目までは738日かかった。とはいえ、“2年強”で100ゴールというサイクルを一貫して続けているのだから、凄いの一言に尽きる。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング