2019.04.18

計7点の壮絶な乱打戦!…トッテナム、マンCとのプレミア勢対決制し初のCL4強入り

トッテナムがプレミア勢対決制し初のCL準決勝進出 [写真]=Action Plus via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが17日に行われ、トッテナムはアウェイでマンチェスター・Cに3-4で敗戦。それでも2試合合計4-4のアウェイゴール差で準決勝進出を決めた。



 試合は立ち上がりから壮絶な打ち合いとなった。第1戦を0-1で落としたマンチェスター・Cは開始4分、ラヒーム・スターリングがペナルティエリア左でケヴィン・デ・ブライネからパスを受けると、右足シュートをゴール右隅に突き刺して先制点を決めた。

 だがトッテナムは、第1戦で決勝ゴールを挙げたソン・フンミンがこの試合も躍動する。7分、エリア手前中央フリーでデレ・アリのスルーパスのこぼれ球を右足ダイレクトで叩き込み同点。さらに10分にはエリア左でクリスティアン・エリクセンからパスを受けると、右足を振り抜いてゴール右隅に沈め、3分間で2得点を挙げて逆転に導く。

 マンチェスター・Cも直後の11分、ベルナルド・シルヴァがエリア右フリーでシュートを放つと、相手DFに当たってコースが代わり、ゴールに吸い込まれる。20分にはデ・ブライネが相手GKとDFの間に絶妙なグラウンダークロスを送ると、ファーのスターリングが合わせて勝ち越しゴールを決めた。

 逆転突破にもう1点必要なマンチェスター・Cは後半に入って猛攻を仕掛けると、59分にセルヒオ・アグエロがデ・ブライネのパスをエリア右で受け、強烈な右足シュートでニアを貫きゴール。マンチェスター・Cが2試合合計でも4-3で上回る。

 しかしトッテナムも73分、左CKからフェルナンド・ジョレンテが競り合いの中で体で押し込んでゴールネットを揺らす。ハンドを疑われてビデオ判定の対象となったが、右ひざに当たっていたため、ゴールが認められた。再び敗退となる状況となったマンチェスター・Cは、後半アディショナルタイム3分にスターリングが押し込むが、これはビデオ判定の結果、オフサイドでゴール取り消しとなった。

 試合はこのまま終了し、トッテナムはセカンドレグを落としたものの、アウェイゴール差で初のCLベスト4進出を果たした。準決勝ではアヤックスと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 4-3(2試合合計:4-4) トッテナム

【得点者】
1-0 4分 ラヒーム・スターリングマンチェスター・C
1-1 7分 ソン・フンミントッテナム
1-2 10分 ソン・フンミントッテナム
2-2 11分 ベルナルド・シルヴァマンチェスター・C
3-2 21分 ラヒーム・スターリングマンチェスター・C
4-2 59分 セルヒオ・アグエロマンチェスター・C
4-3 73分 フェルナンド・ジョレンテトッテナム

【スターティングメンバー】
マンチェスター・C(4-3-3)
エデルソン;ウォーカー、コンパニ、ラポルテ、メンディ(84分 サネ);デ・ブライネ、ギュンドアン、シルバ(63分 フェルナンジーニョ);B・シルヴァ、アグエロ、スターリング

トッテナム(4-2-3-1)
ロリス;トリッピアー、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ローズ(90+1分 サンチェス);シソコ(41分 ジョレンテ)、ワニアマ;デレ・アリ、エリクセン、L・モウラ(82分 デイヴィス);ソン・フンミン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る