FOLLOW US

ホーム3連敗で国王杯・CL敗退のレアル…モドリッチ「最も難しい一週間だった」

「最も難しい一週間だった」と語るモドリッチ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは7日、自身の公式ツイッターでこの一週間を振り返った。

 レアル・マドリードはコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝でバルセロナと対戦。ファーストレグを1-1のドローで終え、レアル・マドリードのホームでセカンドレグを迎えた27日、バルセロナに0-3と完敗して国王杯から姿を消した。その3日後の3月2日もリーガ・エスパニョーラ第26節でバルセロナと対戦したが、決定力を欠いたレアルは0-1で敗れた。

 さらに、6日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでアヤックスと対戦。ファーストレグではアウェイのレアルが2-1と勝利して迎えたセカンドレグは4-1で敗れて2戦合計3-5の逆転負けとなり、CL4連覇の夢は潰えた。

 レアル・マドリードはおよそ1週間の中でホーム3連敗を喫し、スペイン国王杯とCLからの敗退は決定した。また、リーグ戦でも首位バルセロナとの勝ち点差は「12」に開いており、リーグ優勝もだんだんと難しくなってきたといえる。

 この連敗を受けてモドリッチは自身の公式ツイッターで「僕のキャリアで最も難しい一週間だった」と述べた上で、「成功というのは、失敗しないとではなく、失敗した時に毎回立ち上がることだ」と切り替えようという姿勢を見せた。

 レアル・マドリードは10日、リーガ・エスパニョーラ第27節でバリャドリードと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO