2019.02.13

レアル通算600試合出場に王手! S・ラモスにまつわる7つのトリビアを紹介

S・ラモス
大記録達成が迫るセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、クラブでの公式戦通算600試合出場に王手をかけている。13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアヤックス戦でピッチに立てば、節目の記録達成だ。そこで今回は、新たな偉業達成が目前に迫る同選手について、7つのトリビアを紹介する。



■19歳でレアルデビュー

セビージャ下部組織出身のS・ラモスは、2005年8月にレアル・マドリードと契約を交わした。移籍金は2700万ユーロ(現レート換算で約34億円)。スペイン人DFとしては史上最高額だった。デビュー戦は、2005年9月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節セルタ戦。それまで元スペイン代表DFフェルナンド・イエロ氏がつけていた「4番」を着用して、サンティアゴ・ベルナベウのピッチに立った。

■3戦目で初退場

わずか19歳でレアルデビューを果たしたが、出場3試合目にして早くも退場処分を受けてしまう。2005年9月18日のリーガ・エスパニョーラ第3節エスパニョール戦で、2枚のイエローカードを貰って退場。プロキャリア初の退場劇でもあった。なお、リーガ通算19回の退場は歴代最多記録。公式戦24回の退場もクラブ歴代記録になる。一方、スペイン代表(161試合出場)では1度もレッドカードを提示されたことがない。

■CLで初ゴール

2005年12月6日のCLオリンピアコス戦で、レアル加入後初ゴールをマーク。FKを頭で合わせて決めたものだった。以降、公式戦通算84ゴールを記録しているが、得点を奪えなかったシーズンは1度もない(1シーズン平均6.2ゴール)。さらに今シーズンはこれまでに11ゴールを挙げ、2016-17シーズンに叩きだしたキャリアハイ(10ゴール)を塗り替えてみせた。

■史上7人目の快挙

600試合出場はレアル史上7人目の快挙達成になる。歴代最多出場を誇るのは、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏で741試合。記録更新にはほど遠いが、歴代5位のパコ・ヘント氏とフェルナンド・イエロ氏が601試合のため、今回のアヤックス戦を含めて3試合に出場すれば、単独5位に浮上する。

■CLでの勝率は“メッシ以上”

CLでは、通算118試合に出場して11ゴールを記録。アヤックス戦でピッチに立てば、出場数でクラブOBの元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏と並ぶこととなる(歴代13位タイ)。なお、スペイン紙『マルカ』によると、S・ラモスはCLで73勝をマーク。勝率(61.8%)は、バルセロナのリオネル・メッシ(58.9%)を上回るという。

■今季中に歴代最多タイトルに並ぶ可能性

レアルでは、これまで20個のチームタイトルを獲得。マルセロと並ぶクラブ歴代3位の記録になる。歴代最多はパコ・ヘント氏で23個、2位はマノーロ・サンチス氏で21個。同クラブはまだ3冠(リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、CL)の可能性を残しているため、早ければ今季中に最多記録に並ぶかもしれない。

<獲得タイトル:20>
リーガ・エスパニョーラ/06-07、07-08、11-12、16-17
コパ・デル・レイ/10-11、13-14
スーペルコパ・デ・エスパーニャ/2008, 2012, 2017
チャンピオンズリーグ/13-14、15-16、16-17、17-18
UEFAスーパーカップ/2014、2016、2017
クラブワールドカップ/2014、2016、2017、2018

■主将就任後、欧州3連覇

S・ラモスはレアル加入後、14シーズン連続でCLに出場。昨シーズンまでに4度の欧州制覇を成し遂げている。特に2015年夏のキャプテン就任以降、3連覇を達成。キャプテンとして3度の優勝は、クラブ史上初の快挙になる。もし今シーズンも欧州制覇を成し遂げれば、元ドイツ代表DFフランツ・ベッケンバウアー氏の記録を上回ることになる。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る