2018.11.08

CL好調のイタリア勢、ナポリとインテルがグループステージ突破へ執念見せる

ナポリ
ナポリが属するグループCは首位から4位まで勝ち点差がわずか「2」と大混戦 [写真]=Getty Images
イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

 チャンピオンズリーグのグループステージも折り返し地点を過ぎた。


 組み合わせが決まった時、イタリア4チームの決勝トーナメント進出はかなり厳しくなると感じた。インテルはバルセロナと、ナポリはリヴァプール、パリ・サンジェルマンと同組に、ローマはレアル・マドリードと同じグループに入ってしまった。そしてユヴェントスはマンチェスター・Uと同組になったからだ。しかし、現時点では4チームすべてがグループステージを突破できそうな勢いを見せている。

 インテルナポリは6日に行われた試合で、それぞれが先制されながらもドローに持ち込み、勝ち点1をもぎ取るという展開で、ベスト16入りへの執念を見せた。

 PSGをサン・パオロ・スタジアムに迎えたナポリは、ロレンツォ・インシーニェのPKで同点に追いつき、勝ち点を手にした。ユーヴェで17年間を過ごしたジャンルイジ・ブッフォンは「デリケートなゲームだった。ナポリで勝つというのがどれだけ難しいか、試合前にチームメートには話していた。引き分けが真っ当な結果だと思う」と振り返った。

 ナポリのサッカーと言えば、ゴールをどんどん決めて逃げ切るというイメージだった。しかし、今シーズンはカルロ・アンチェロッティ監督のもとで1勝0敗3分けとしぶとく戦っている。得点が4と、従来のナポリからするとやや物足りない印象を受けるものの、着実に勝ち点を積み上げてグループ首位に立った。さらにリヴァプールがツルヴェナ・ズヴェズダに敗れたことで、グループCは4チームが勝点2のあいだにひしめき合う大混戦に。ナポリは次戦で勝ち点3を奪い、頭一つ抜け出したいところだ。

 アンチェロッティ監督も「リヴァプールが負けるとは考えもしていなかった」と驚きを語ったが、「これでグループ内のバランスがとれてきた」と言う。また過去に指導した教え子たちと対戦することも多くなった。「彼らと再会できるのはうれしいこと。ブッフォン、チアゴ・シウヴァにアンヘル・ディ・マリア。ただ、彼らは常にナポリを苦しめるプレーをするから困ったものさ。それに(フアン)ベルナトってこれまでに得点したことがあるのか?」と言い、周囲の笑いを誘っていた。

 そして、バルサと対戦したインテルも1-1の引き分けに持ち込んだ。ボール支配率はインテルが35%、バルサが65%と苦戦を強いられたが、諦めない姿勢がマウロ・イカルディのゴールを呼び寄せた。グループ2位のインテルは残るトッテナム、PSVとの2試合で勝ち点を確実に奪いたい。

文=赤星敬子

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング