2018.10.24

レアル、チェコ王者破り公式戦6試合ぶり白星…決勝弾のマルセロが負傷退場

レアルがホームでプルゼニに勝利 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が23日に行われ、レアル・マドリードはホームでヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)に2-1で勝利した。

 前節まさかの敗戦を喫した3連覇王者レアルは、立ち上がりから相手ゴールに迫り、5分に右CKをセルヒオ・ラモスが頭で叩きつけるが、シュートは惜しくも左ポストに直撃。一方のプルゼニも敵地で果敢な攻めを見せ、11分にはミラン・ペトルジェラがペナルティエリア左へ突破し、立て続けにシュート。すると、このピンチをしのいだレアルは、直後の攻撃でルーカス・バスケスの精確なクロスを中央のカリム・ベンゼマがヘディングで叩き込み、先制に成功した。

 攻勢を続けるレアルは33分、ギャレス・ベイルがエリア内に走り込み、トニ・クロースのスルーパスを流し込むが、オフサイドの判定。36分にはイスコが相手GKのパスをカットし、ループシュートで狙ったが、これも得点には結びつかず。反撃を試みるプルゼニは44分に絶好のチャンス。右サイドからのクロスに、ゴール前フリーのパトリック・フロショフスキーが合わせるが、シュートを浮かしてしまい、同点のチャンスを逃した。

 後半に入って55分、マルセロがエリア内左に抜け出し華麗なループシュートを沈めて、レアルがリードを2点に広げる。しかしプルゼニも79分、フロショフスキーがエリア手前から右足シュートをゴール右隅に流し込んで1点差に戻した。レアルは89分にマルセロが右足首の負傷でプレー不可能となり、交代枠を使い切っていたため、10人での戦いとなったが、1点差のまま勝利。レアルは公式戦6試合ぶりに白星を収めた。

 次節はプルゼニが11月7日にレアルをホームに迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 2-1 ヴィクトリア・プルゼニ

【得点者】
1-0 11分 カリム・ベンゼマ(レアル)
2-0 55分 マルセロ(レアル)
2-1 79分 パトリック・フロショフスキー(プルゼニ)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
ナバス;L・バスケス、ナチョ、S・ラモス、マルセロ;モドリッチ、カゼミーロ、クロース;ベイル(75分 アセンシオ)、ベンゼマ(88分 マリアーノ)、イスコ(54分 F・バルベルデ)

ヴィクトリア・プルゼニ(4-2-3-1)
フルシュカ;ジェズニーク、ヘイダ、フブニーク、リンベルスキー;プロハースカ(65分 ジャヴァ)、フロショフスキー;ハヴェル(76分 エクパイ)、チェルマーク、ペトルジェラ(86分 レスコヴァー);クルメンチーク

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る