2018.10.04

ビダル、トッテナム戦後にSNSで怒りの投稿? 試合は数分間出場

アルトゥーロ・ビダル
バルセロナに所属するビダル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナはUEFAチャンピオンズリーググループステージ第2節でトッテナムに4ー2で勝利したが、試合後のMFアルトゥーロ・ビダルのSNSへの投稿が物議を醸しているようだ。スペイン紙『マルカ』が3日に報じている。

 同試合でビダルはベンチスタートで、87分に途中出場し最後の数分間をピッチ上で過ごした。その後ビダルは自身のInstagramのストーリー機能(1日経過すると消える投稿)を利用し、怒りの顔文字を投稿した。トッテナム相手に勝利しながらもこのような投稿を行ったことについて同メディアは、ビダルがベンチスタートになったことと出場時間の少なさに対して怒りを示したのではないかと推測している。

 ここまで公式戦8試合に出場しているビダル。今のところ投稿の真意は定かではないが、今後本人から心の内が明かされることはあるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る