2018.09.18

2018-19シーズンCL開幕目前! 昨季のベスト10ゴールを振り返る

チャンピオンズリーグ
昨シーズンのCLベスト10ゴールを振り返る [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の新シーズンが18日から始まる。2018-19シーズンの開幕を前に、公式サイト『UEFA.com』が選出した昨シーズンのベスト10ゴールを振り返る。

■10位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
グループステージ第6節 vs ドルトムント

 それまでの5戦で毎試合ゴール(合計8点)を挙げていた勢いは止まらない。1点を先制して迎えた12分、ペナルティエリア内でバックステップを踏みながらパスを受けると、右側にボールを持ち出してシュート。綺麗な軌道を描いたボールがゴール右隅に吸い込まれた。その後チームは2点差を追いつかれたものの、終盤のルーカス・バスケスのゴールで勝ち越してグループステージ突破を決めた。

クリスティアーノ・ロナウド

[写真]=Getty Images

■9位 ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
グループステージ第5節 vs シャフタール

 1勝3敗で迎えたシャフタール戦、ナポリは負ければグループステージ敗退という状況だったが、それまでの4試合で2得点を挙げていたインシーニェが結果を残した。スコアレスで迎えた56分、左サイドからドリブルで中央に切れ込むと右足でミドルシュート。美しい放物線を描きながらゴールネットに吸い込まれ、貴重な先制点を記録。最終スコア3-0で勝利したナポリは、最終節に向けてグループステージ突破に望みを繋いだ。

ロレンツォ・インシーニェ

[写真]=Getty Images

■8位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
グループステージ第2節 vs シャフタール

 第1節フェイエノールト戦を4-0で大勝したマンチェスター・Cは、シャフタールをホームに迎えた。48分、ペナルティエリア手前でダビド・シルバからボールを受けたデ・ブライネが、ワントラップから右足を振り抜くと、鋭く曲がる強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。その後1点を追加したマンチェスター・Cは開幕2連勝を達成した。

ケヴィン・デ・ブライネ

[写真]=Getty Images

■7位 フレッジ(シャフタール)
決勝トーナメント1回戦ファーストレグ vs ローマ

 グループステージ最終節のマンチェスター・C戦を勝利し、自力で決勝トーナメント進出を決めたシャフタールは、ローマと対戦した。前半終了間際に1点を先行されたものの、52分に同点に追いつき迎えた71分、ペナルティエリア手前右の位置でFKを獲得。フレッジが左足で直接狙うと、壁の上から落としたボールはゴール右上のクロスバーを叩いてネットを揺らし、決勝点を記録。ファーストレグは逆転勝利を収めたシャフタールだったが、セカンドレグを0-1で落とし、アウェイゴールの差で敗退となった。

フレッジ

[写真]=Getty Images

■6位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
グループステージ第2節 vs ドルトムント

 レアル・マドリードにとって通算3分3敗と苦手にしていた敵地ドルトムントでの一戦で、ベイルが結果を残した。敵陣中央からダニエル・カルバハルがピンポイントのクロスを送ると、ペナルティエリア内左に走り込んだフリーのベイルが左足ダイレクトボレー。豪快なシュートをゴール右上隅に突き刺さした。その後2点を追加したレアル・マドリードはドルトムントを最終スコア3-1で下した。

ギャレス・ベイル

[写真]=Getty Images

■5位 エディン・ジェコ(ローマ)
グループステージ第3節 vs チェルシー

 2点を先行され、前半のうちに1点を返して迎えた64分、センターサークル内でボールを持ったフェデリコ・ファシオがロングフィードを送る。反応したジェコがペナルティエリア左側に走り込み、左足でダイレクトボレーを突き刺し、同点弾を記録。70分には再びジェコのゴールで2点差をひっくり返したローマだったが、75分に同点に追いつかれ、3-3の引き分けに終わった。

エディン・ジェコ

[写真]=Getty Images

■4位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
グループステージ第5節 vs ローマ

 4戦を終えて3分1敗と未勝利だったアトレティコ・マドリードは、結果次第ではグループステージ敗退の危機にあったが、エースが仕事をする。69分、ペナルティエリア手前でパスを受けたフェルナンド・トーレスが前線に浮き玉のパス送ると、反応したアンヘル・コレアがラインギリギリで中へクロスを上げる。このボールをグリーズマンがアクロバティックな左足ボレーで叩き込み、値千金の先制点を記録。その後1点を加え、最終スコア2-0で下したアトレティコ・マドリードは、ローマとの勝ち点差を2に縮め、グループステージ突破に望みを繋いだ。

アントワーヌ・グリーズマン

[写真]=Getty Images

■3位 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
決勝トーナメント1回戦ファーストレグ vs トッテナム

 グループDを2位で通過したユヴェントスは、昨季王者レアル・マドリードを抑えてグループHを首位で突破したトッテナムと対戦。2分に敵陣中央でFKを得ると、ミラレム・ピアニッチがペナルティエリア内右に浮き球のパスを送る。抜け出したゴンサロ・イグアインが右足ボレーでゴール左下に突き刺した。直後にもイグアインが追加点を挙げたが、その後2点差を追いつかれドローに終わった。

ゴンサロ・イグアイン

[写真]=Getty Images

■2位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
決勝 vs リヴァプール

 史上初の3連覇を狙うレアル・マドリードと13年ぶりの優勝を目指すリヴァプールによる欧州頂上決戦で、スーパーゴールが生まれた。両者1点ずつを加え、同点で迎えた64分、マルセロが左サイドからクロスを送ると、交代で入ったばかりのベイルが鮮やかなオーバーヘッドシュートをゴール左上隅に沈め、勝ち越しに成功した。83分にもベイルの追加点でリードを広げたレアル・マドリードは最終スコア3-1で勝利。3年連続13度目の欧州王者に輝いた。

■1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
準々決勝ファーストレグ vs ユヴェントス

 試合開始3分に先制点を挙げたC・ロナウドは、64分に昨シーズンのCLでベストゴールを記録した。ダニエル・カルバハルが右サイドからクロスを上げると、C・ロナウドがこれに反応し、下がりながら落下地点に入ると、ペナルティエリア内中央でオーバーヘッドシュート。相手GKジャンルイジ・ブッフォンは一歩も動けず、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。衝撃的なゴールでリードを2点に広げたレアル・マドリードは、その後1点を加え、最終スコア3-0でユヴェントスを下した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る