2018.05.29

レアル退団示唆のベイル、古巣復帰の選択肢はなしか…マンUなどが狙う

ベイル
CL決勝で値千金の2ゴールを挙げたベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルはかつて所属していたトッテナムに戻ることはないという。28日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ベイルは26日に行われたリヴァプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でオーバーヘッド弾を含む2得点を挙げ、レアル・マドリードのCL3連覇に大きく貢献した。しかし、大一番でスタメンではなかったことや、毎週プレーしたいとの理由で退団を検討していると試合後に語っていた。

 トッテナムは2013年夏にベイルを手放した際に、買い戻しオプションをつけていたが、高額な移籍金や高給なサラリーを払う余裕がないとされている。よって、ベイルが退団した場合の移籍候補として有力なのが、マンチェスターUやマンチェスター・C、バイエルン、パリサンジェルマンなどが噂されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る