2018.04.26

昨夏に放出のサラーに大活躍許す…ローマのモンチSD、移籍の経緯を告白

サラー
古巣ローマ戦で大活躍を見せたサラー(右) [写真]=Action Plus via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、ローマ(イタリア)は敵地でリヴァプール(イングランド)に2-5と大敗を喫した。同試合で2ゴール2アシストの大活躍を見せたのが、今シーズン開幕前にローマからリヴァプールへ移籍したエジプト代表FWモハメド・サラーだった。

 昨シーズンまでのチームメイトに大活躍を許すこととなったローマ。スポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、サラーを売却せざるを得なかった経緯を明かしている。25日付のイタリアメディア『メディアセット』が報じた。

 サラーは2015-16シーズンにチェルシーからローマにレンタル移籍。ローマは翌シーズンに1500万ポンド(約23億円)の買い取りオプションを行使して完全移籍で同選手を獲得した。しかしローマは、2シーズン連続2桁得点を挙げる活躍を見せたサラーを今シーズン開幕前にリヴァプールへ売却。5000万ユーロ(当時60億円:ボーナス込)という“格安価格”で放出したことで、サポーターからの批判が殺到したという。

 昨年4月にローマのSDに就任したモンチ氏は、サラーを手放すに至った経緯をこう説明している。

「UEFAのファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触するのを避けるためには、やむを得なかった。昨年の6月30日までにサラーを放出しなければならなかったんだ。もし、それをしていなければ、この(CL)準決勝進出は実現しなかっただろう」

「(ローマの)クラブ財政はUEFAの厳しい管理下にあった。私が就任した時点で、サラーには3000万ユーロ(当時約40億円)のオファーが届いていたんだ。それにボーナスを加え、我々は移籍金を総額5000万ユーロとした。できる限りの努力をしたんだ」

 モンチSDは、ローマが収支バランスを維持してFFP違反を回避するため、サラーを売却せざるを得なかったことを告白。FFPによる期限があったことで、市場価値が高騰する前に売却を余儀なくされ、格安で手放すことになったと明かしている。

「(サラーの売却後に)昨夏の市場が凄まじい高騰を見せたのは予想外だった。(それを踏まえて)今シーズンの彼の目を見張る活躍を考えれば、サラー獲得はリヴァプールにとってお得な買い物になったね。その一方でローマは(FFP違反を回避するために)6月30日までにサラーを売却すること以外、選択肢も解決策も持っていなかったんだ」

 移籍金の額が急激な高騰を続けている欧州サッカー界。昨年の夏には、ブラジル代表FWネイマールが史上最高額の2億2000万ユーロ(約290億円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍したほか、フランス代表FWキリアン・ムバッペの移籍金は1億8000万ユーロ(約234億円/モナコからパリ・サンジェルマンへ)、フランス代表FWウスマン・デンベレが1億500万ユーロ(約136億円/ドルトムントからバルセロナへ)だった。そして今冬の市場で移籍が決まったブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョの移籍金は1億6000万ユーロ(約218億円/リヴァプールからバルセロナへ)と天文学的な金額にまで達している。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る