2018.04.13

「赤」のユニフォームは上位進出への近道? CLベスト4の顔ぶれから見えた興味深い傾向

CL
CL準決勝に進出した3チームの共通点とは… [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝に駒を進めた4チームの顔ぶれを見てみると、とある共通点があることに気づく。バイエルンリヴァプールローマ…4チームのうち3チームまでが「赤」、もしくは「赤系」のユニフォームを着たチームであるという事実だ。単なる偶然なのか、あるいは何らかの法則性があるのか。過去の大会をさかのぼると、興味深い傾向が浮かび上がった。



■チャンピオンズリーグ歴代ベスト4進出チーム
93-94シーズン:ミランモナコ、バルセロナ、ポルト
94-95シーズン:バイエルンアヤックスミラン、パリ・サンジェルマン、
95-96シーズン:アヤックス、ユヴェントス、ナント、パナシナイコス
96-97シーズン:アヤックスマンチェスター・U、ドルトムント、ユヴェントス
97-98シーズン:モナコ、レアル・マドリード、ドルトムント、ユヴェントス
98-99シーズン:マンチェスター・Uバイエルン、ユヴェントス、ディナモ・キエフ
99-00シーズン:バイエルン、レアル・マドリード、バレンシア、バルセロナ
00-01シーズン:バイエルン、レアル・マドリード、リーズ、バレンシア
01-02シーズン:レヴァークーゼンマンチェスター・U、バルセロナ、レアル・マドリード
02-03シーズン:ミラン、レアル・マドリード、ユヴェントス、インテル
03-04シーズン:モナコ、チェルシー、ポルト、デポルティーボ
04-05シーズン:ミランPSVリヴァプール、チェルシー
05-06シーズン:アーセナルミラン、ビジャレアル、バルセロナ
06-07シーズン:リヴァプールマンチェスター・Uミラン、チェルシー
07-08シーズン:リヴァプールマンチェスター・U、チェルシー、バルセロナ
08-09シーズン:マンチェスター・Uアーセナル、バルセロナ、チェルシー
09-10シーズン:バイエルン、インテル、バルセロナ、リヨン
10-11シーズン:マンチェスター・U、シャルケ、レアル・マドリード、バルセロナ
11-12シーズン:バイエルン、レアル・マドリード、チェルシー、バルセロナ
12-13シーズン:バイエルン、ドルトムント、バルセロナ、レアル・マドリード
13-14シーズン:バイエルンアトレティコ・マドリード、レアル・マドリード、チェルシー
14-15シーズン:バイエルン、バルセロナ、ユヴェントス、レアル・マドリード
15-16シーズン:アトレティコ・マドリードバイエルン、マンチェスター・C、レアル・マドリード
16-17シーズン:アトレティコ・マドリードモナコ、レアル・マドリード、ユヴェントス
17-18シーズン:ローマバイエルンリヴァプール、レアル・マドリード

 大会名がチャンピオンズリーグに変更された1993-94シーズン以降、準決勝に進出したのは述べ100チーム。そのうち「赤」を基調としたユニフォームのチームは、半数に迫る「42」にも及んだ。今回はカウントしなかったが、「エンジ」と青がチームカラーのバルセロナも含むと、その総数は「53」まで跳ね上がる。さらに、この25年間で「赤」のチームがベスト4に入らなかったことは一度もない。単なる統計に過ぎないとしても、顕著な数字であることは間違いない。

 2008年のイギリス・ダラム大学の発表によれば、「赤」を身につけることで、心理的にポジティブな効果がもたらされ、他の色を身につけるよりもパフォーマンスが向上するという研究結果も出ている。もともとサッカー界には、相対的に「赤」をチームカラーとするクラブが多く、この統計は確率論でしかない。それでも、大会の上位進出チームを占う上で一つの指標になるかもしれない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る