2018.04.10

バルサ指揮官、ローマの巻き返しを警戒「まだ何も決まっていない」

エルネスト・バルベルデ
ローマ戦に向けて意気込みを語ったバルベルデ監督 [写真]=NurPhoto/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、10日に控えたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのローマ戦に向けてコメントを残した。9日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 4日に行われたファーストレグでバルセロナはローマに4-1で快勝した。しかし、バルベルデ監督はファーストレグの結果は忘れて試合に入るべきだと主張した。

「ファーストレグの結果は忘れて試合に臨む必要がある。確かにファーストレグの結果は素晴らしいものだったが、まだ何も決まっていないんだ。このような大会では何が起こってもおかしくない。とにかく他のことは忘れて、勝利だけを求めて戦いたい」

 続けてバルベルデ監督は、対戦相手のローマについても言及。ファーストレグの結果を受けて攻撃的に来るのではないかと分析した。

「先制点が鍵になってくる。ローマはリスクを背負って攻める必要があるはずで、私たちはうまく彼らの攻撃に対応する必要がある。ファーストレグと同じような展開になったら嬉しいが、そんなにうまくはいかないだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る