FOLLOW US

C・ロナウドがユーヴェサポーターに感謝「あの拍手は心に残るもの」

自身のゴールにスタンディング・オベーションを送ったユーヴェサポーターに感謝の意を表した [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、ユヴェントス戦でオーバーヘッドキックを決めたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ユヴェントスのサポーターに感謝の意を述べた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が4日に報じた。

 試合から一夜明けてC・ロナウドは、「ポルトガル代表でも、このようなオーバーヘッドキックを放ったが、ゴールは認められなかった。シュートはバーを叩き、ゴールラインを割ったが、審判は見逃した」と過去のエピソードを明かすと「その時のシュートに似ているが、今回の方が美しい。自分のゴールの中で最も美しいものであることは間違いない」と自画自賛した。

 そして、ユヴェントスのサポーターによるゴールへのスタンディング・オベーションについては「素晴らしいサッカーをするチームがいて、そして優れた選手たちがいるユヴェントスのスタジアムで、このような拍手を受け、とても興奮した。ユヴェントスは子供の頃の憧れのチームだったから、あの反応はとても嬉しい。あのような拍手は心に残るもの。全てのイタリア人に感謝したい」と感謝の言葉を示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA