2018.04.04

スーパーゴールのC・ロナウド、オーバーヘッドはバーの高さから?

クリスティアーノ・ロナウド
衝撃ゴールを決めたC・ロナウド [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたオーバーヘッドシュートは驚異的な高さから放たれたものだったようだ。4日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている

 レアル・マドリードは3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグでユヴェントスと対戦し、3-0と快勝。敵地で大量ゴールを奪い、準決勝進出へ大きく前進した。

 フル出場を果たしたC・ロナウドは開始3分に先制点を決めると、64分に衝撃的なゴールを奪う。スペイン代表DFダニエル・カルバハルのクロスに反応し、ペナルティーエリア中央でオーバーヘッドシュート。イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは一歩も動けず、ボールはゴールネットに吸い込まれた。

 『マルカ』が独自に計測したところによると、オーバーヘッドシュートを放った瞬間、C・ロナウドは141センチもの高さを跳躍していたという。さらに右足でボールを捉えたのは、地上から238センチの位置に達していたそうだ。244センチの高さにあるクロスバーとほぼ同じ高さからオーバーヘッドシュートを叩きこんだことになる。

 それだけの高さを飛びながらバランスを崩すことのない身体の強さと、難しい体勢でも正確にボールを捉える技術の高さ。目の肥えたユヴェントスのサポーターたちも思わず拍手を送って称えたが、まさにC・ロナウドの凄さが凝縮されたスーパーゴールだったと言えるだろう。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る