2017.11.16

ブッフォン、残るはCLタイトルのみ…ケディラ「チーム全員が力を尽くす」

ケディラ、ブッフォン
ブッフォン(右)への思いを語ったケディラ(左)[写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 ユヴェントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが、2018 FIFAワールドカップ ロシア出場権を逃した同クラブのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンへの思いを語った。ドイツ紙『ビルト』のインタビュー内容を引用する形で、15日付のイタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ドイツ代表は、同欧州予選を10戦全勝でグループCを首位通過。圧倒的な強さで17大会連続19回目の本大会出場を決めた。一方、プレーオフでスウェーデン代表に敗れたイタリア代表は1958年のスウェーデン大会以来、60年ぶりとなる予選敗退が決定。現役最後のW杯出場を逃したブッフォンは、試合後のインタビューで涙していた。

 ケディラは『ビルト』のインタビューの中で、「イタリア代表のW杯不在を嬉しくなんて思っていない。涙するブッフォンを見るのは、イタリア国民だけでなく全ての人々にとってつらいことだよ」と強豪国がW杯を逃したことを嘆き、さらにブッフォンについて「スポーツ界の偉大な人物であり、“生きる伝説”なんだ。頻繁に使われる表現だけれど、ブッフォンにはまさにふさわしい。キャリア最後となる国際大会でプレーする姿を待ち望んでいたんだ」とコメント。39歳の今年、FIFA最優秀GK賞に輝いたチームメイトへ、最高の尊敬と敬意を示した。

 2015年にレアル・マドリードからユヴェントスへ移籍したケディラは、「ブッフォンにはメッセージを送ったよ。けれど、今は言葉よりも目標が必要なんだ。ブッフォンのタイトルリストに欠けているのは、チャンピオンズリーグ(CL)のタイトルたった1つだけだ。僕ら(ユヴェントス)は、ブッフォンがそれを勝ち取るために力を尽くすつもりだ。このことはチーム全員にとって、とても重要なモチベーションになるはずだ」と力強く語った。

 21世紀最高のGKは、直近3年間で2度のCL決勝進出を果たしたユヴェントスで、悲願のタイトルを勝ち取ることができるのか注目したい。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る