2017.05.09

数字で見るCL準決勝…621分間無失点のユーヴェ、記録継続なるか?

ユヴェントス
ファーストレグではイグアインの2ゴールでユヴェントスが先勝 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 9日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグ、ユヴェントスモナコの一戦を前に、イギリス誌『FourFourTwo』が気になるデータを紹介している。


 3日に開催されたファーストレグでは、29分と59分にユヴェントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがゴールを奪い、敵地で2-0と先勝。CLで6試合連続の完封を達成し、2年ぶり9回目の決勝進出を大きく引き寄せた。

 一方のモナコにとってはホームでアドバンテージを得ることができず、準決勝進出が厳しい状況となったが、今シーズンのCLで8試合に出場し、5得点を挙げている新星、キリアン・ムバペの活躍にも期待がかかる。

 同誌はイギリスのスポーツデータ会社『オプタ』の記録を元に、両チームの特徴的なデータを並べている。

・ファーストレグで2得点を挙げたイグアインは、過去にもCLのノックアウトステージで強さを発揮している。今シーズンのCLでは5得点をマーク。

・ファーストレグでイグアインの2得点をアシストしたブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスは、2007-08シーズンのCL初出場以降、9得点25アシストを記録。右サイドバックとしては驚異の数字。

・コロンビア代表FWラダメル・ファルカオとムバペの2選手は、直近のモナコのCL16試合で合計10得点を挙げている。しかしムバペはファーストレグで得点できず、CLでの連続ゴールは4試合でストップ。

・直近のCLのノックアウトステージ計14試合のデータでは、ホームでのファーストレグで敗れながらも、セカンドレグで逆転し突破できたというチームがいまだ存在していない。CL全体の歴史を振り返っても、2チームだけとなっている。1995-96シーズンの準決勝でパナシナイコスと対戦したアヤックス(ホームで0-1、アウェイで3-0)と、2010-11シーズンの決勝トーナメント1回戦でバイエルンと戦ったインテル(ホームで0-1、アウェイで3-2)。

・両チームのCL準決勝での顔合わせは、1997-98シーズン以来、2度目。当時は2試合合計6-4でユヴェントスが勝利を収めたが、続く決勝でレアル・マドリードに敗れ準優勝となった。

モナコが準決勝に進出したのは1993-94シーズン、1997-98シーズン、2003-04シーズンに次いで4度目。フランスのチームとしては最多となる。

ユヴェントスは過去のCLでホームゲーム18試合負けなし(11勝7分)。最後に敗れたのは2013年4月のバイエルン戦(0-2)。

ユヴェントスは621分間、無失点を記録中。CL6戦連続完封のクラブ記録は継続している。最後に得点を許したのは昨年11月のグループステージ、セビージャ戦。

モナコは過去にアウェイで戦ったCLノックアウトステージ11試合のうち、2試合でしか白星を上げられていない(残りの9試合は2分7敗)。そしてその全11試合で失点している。

モナコは爆発的な攻撃力が魅力だが、守備面では脆さを露呈。今シーズンのCLでは合計18失点を喫しており、そのうち直近のアウェイ3試合の合計失点は「10」。他の準決勝進出チーム(レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、ユヴェントス)のうち、ワーストとなっている。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング