2017.05.04

指揮官は“可能”と信じるも…ファンはアトレティコのCL決勝進出に懐疑的

シメオネ
アトレティコ・マドリードを指揮するシメオネ監督 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリードのファーストレグは、ホームのレアルが3-0での先勝を飾り、10日開催のセカンドレグをホームで戦うアトレティコ・マドリードは、決勝進出に向けて大量得点が必要な状況に追い込まれている。

 アトレティコ・マドリード指揮官のディエゴ・シメオネ監督は、試合後に「逆転は不可能ではない」とのコメントを残したが、スペインのスポーツ紙各紙が3日に公式サイト上で実施したアンケートの結果によると、現地のサッカーファンは監督のこの意見に懐疑的なようだ。

『アス』が実施したWEBアンケート「アトレティコ・マドリードはファーストレグの3点ビハインドをひっくり返せると思うか?」には、日本時間4日午前8時段階で約7千人投票があり、“NO”の得票数が“YES”を大きく上回って、得票率78パーセントを記録している。

 その一方、『マルカ』が実施したWEBアンケート「アトレティコ・マドリードは逆転可能か?」では、2万人に近いユーザーが投票し、こちらも“NO”が“YES”に大きな差を付けて、得票率80パーセントを記録。どちらも「逆転は厳しい」という見方が大多数となっている。

 実際のところ、アトレティコ・マドリードがPK戦以外で勝ち上がりを決めるためには、最低でも4得点が必要な状況だが、失点が比較的多いとされる今シーズンのレアル・マドリードでも、4失点を喫した試合は一度もない。さらに、レアル・マドリードが無得点で終わった公式戦の試合も、全54試合中で一度もなく、データの上でもアトレティコ・マドリードは厳しい状況に追い込まれている。

 まさに“ミッション・インポッシブル”と言えるアトレティコ・マドリードの挑戦だが、バルセロナが今シーズンのCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグでパリ・サンジェルマン相手に演じたような“奇跡”を呼び起こし、現地ファンの予想を大きく覆すことができるのだろうか。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る