2017.03.14

岡崎所属のレスター、監督が本拠地でのCL勝利に意気込み「準備は万端」

クレイグ・シェイクスピア、ダニー・ドリンクウォーター
前日会見に臨んだシェイクスピア監督(左)とドリンクウォーター(右) [写真]=Michael Regan/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは14日、本拠地でチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのセビージャ戦に挑む。アウェイで行われたファーストレグでは1-2と惜敗したが、チームを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は前日会見で勝利に強い意気込みをみせた。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 2月23日に成績不振により、昨シーズンのプレミアリーグで優勝に導いたクラウディオ・ラニエリ前監督を解任したレスター。リーグ戦5連敗中の17位という難しい状況で指揮官を任されたシェイクスピア監督だったが、初陣でリヴァプールに3-1と快勝すると、続くハル戦も3-1の白星で飾り、チームは息を吹き返したと評価されている。

 選手からの信頼も厚く、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターは「彼の教えは極めてシンプルだけど、それがすごく上手くいっている。サッカーを楽しめるようになった。今後もずっとチームを引っ張っていってほしい」とコメントしているほど。

 ファーストレグでは黒星を喫したものの、指揮官はアウェイで奪った貴重な1得点がカギになると考えているようだ。「あのゴールでチャンスを手繰り寄せられたと思う。スタジアムはおそらくしびれるような雰囲気になるだろう。リーグ戦2試合の勝利で自信を取り戻せたし、PK戦の練習もしてきた。準備は万端だ。CL制覇だって夢じゃないと信じてやっている」と語り、高い意欲を口にした。

 対戦相手のセビージャについては「国際舞台での経験が豊富で、タレントもそろっている」とリスペクトを示し「だからこそ集中して試合に挑まなければならない。クラブの歴史の中でも極めて重要な試合だが、選手たちには緊張しすぎず、平常心で挑んでほしい」と呼びかけた。

 レスターは今回のCLのホームゲームで3戦全勝。岡崎の先発も予想されており、突破に期待がかかる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る