2017.03.07

開始10.12秒の一撃…マカーイのCL最速弾から10年「夢のようだったよ」

マカーイ
レアル戦、開始10.12秒でゴールネットを揺らしたマカーイ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2007年3月7日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、歴史に残るゴールが決まった。バイエルン(ドイツ)がレアル・マドリード(スペイン)をホームに迎えた一戦、キックオフからわずか10.12秒で、オランダ代表FWロイ・マカーイがゴールネットを揺らした。

 CL史上“最速”のゴールとして、今もなお語り継がれている一撃。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』は7日、同試合から10年が経つということで、マカーイ氏の証言を交えながら当時を振り返っている。

 10年前のCL決勝トーナメント1回戦。バイエルンはレアル・マドリードとのファーストレグで先勝を許した。しかし、終了間際にオランダ代表MFマルク・ファン・ボメルが決めたゴールで1点差に詰め寄っていたことで、セカンドレグでの逆転突破に望みをつないでいた。

 そして迎えたホームでのセカンドレグで、バイエルンは瞬く間にゴールを陥れた。マカーイ氏は「キックオフで始まった。ボールは(フェルナンド)ガゴへ渡り、そこからロベルト・カルロスへパスが出たんだ。ボールは彼の足から大きくはね返った。それを(ハサン)サリハミジッチが拾うと、あれよあれよという間にネットを揺らしていたんだ」と、当時を振り返っている。

「我々にとって、夢のようなスタートになった。しかもあれほどの大一番だったわけだからね。まさに夢のようだったよ」

 バイエルンはマカーイ氏のゴールで、2試合合計スコアを3-3とした。アウェーゴール数では2-1と上回り、セカンドレグを優位に進めることができた。最終的に、セカンドレグは2-1で終了。2試合合計4-4、アウェーゴール2-1で、バイエルンが準々決勝進出を決めた。

 バイエルンは同シーズン、準々決勝でミランに屈してタイトル獲得とはならなかった。しかし、マカーイ氏が決めた電光石火の一撃は今も大会の歴史に刻まれ、強い印象を残している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る