2016.12.08

ドルトがCL記録更新、グループ最多21得点 F組全体も歴代1位の計51ゴール

レアル・マドリードと引き分け、CLグループ首位突破を喜ぶドルトムント [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ史上最多得点記録を更新した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。


 ドルトムントは7日に行われたCLグループステージ第6節、敵地でレアル・マドリードと対戦し、2-2のドロー。この結果、グループFの首位で決勝トーナメント進出を決めた。

 ドルトムントがグループステージ6試合で挙げた合計得点は21ゴール。これは、1998-99シーズンのマンチェスター・U、2013-14シーズンのレアル・マドリード、2011-12シーズンと今シーズンのバルセロナが記録した20ゴールを上回り、歴代トップとなった。

 また、グループFではもう1つの記録が誕生。ドルトムントの21ゴールをはじめ、レアル・マドリードが16得点、レギア・ワルシャワが9得点、スポルティングが5得点と計51ゴールが生まれ、グループ史上歴代最多となった。なお、これまでの歴代1位は2013-14シーズンのグループDで、マンチェスター・C、バイエルン、ヴィクトリア・プルゼニ、CSKAモスクワの4クラブが入っていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング